ITトレーニング市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

ITトレーニング市場は、2020年には708億6,000万米ドルの規模に達しました。情報技術(IT)トレーニングは、コンピュータベースのシステムの開発、応用、実装、設計、管理に関連する知識やスキルを伝授するものです。世界中の企業で最新技術の導入が進む中、企業が効率的に業務を遂行するためには、ITトレーニングが不可欠となっています。適切なITトレーニングは、企業がデータやリソースを効果的に管理するための準備となり、従業員の効率性と生産性を向上させます。

スマートフォンやスマートウェアラブル技術の普及に伴い、多くの企業やユーザーがモバイルベースのITトレーニングを選択するようになっています。これにより、学習者はいつでもどこでもモバイルデバイスで情報にアクセスすることができます。さらに、絶え間なく進化するテクノロジーと拡大するビジネスニーズにより、従業員が市場の最新動向を理解するための定期的なトレーニングプログラムが必要となっています。これも市場に良い影響を与えています。以前は、企業のトレーニングは、組織にとって多額の費用を追加するものでした。しかし、現在では、企業はe-ラーニングの手法を用いたITトレーニングを社員に提供することで、コストや経費を削減することができます。さらに、政府や公共団体も、教育技術やe-ラーニング手法の拡大を促進するための政策を策定し、投資を行っています。これにより、学生や教師に知識やスキルを与えるためのIT専門知識の需要が高まっています。今後5年間、世界のITトレーニング市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。   

主要な市場区分

アプリケーション別の市場構成

・ITインフラトレーニング

・エンタープライズアプリケーションおよびソフトウェアトレーニング

・サイバーセキュリティトレーニング

・データベース・ビッグデータ研修

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・企業

・学校・大学

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のITトレーニング市場における主要な企業としては、Avent Academy、CGS、Corpex、Dell、ExecuTrain、ExitCertified、Fast Lane、Firebrand、Global Knowledge、GP Strategies、HP、IBM、ILX Group、LearnQuest、New Horizon、Oracle、QA、SAPなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]