磁石市場、2021年から2026年にかけて5.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

磁石市場は、2020年に207億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.5%のCAGRで成長すると予想されています。

磁石とは、磁界を発生させ、鉄、ニッケル、コバルトおよびこれらの金属を含む物体を引き寄せることができる物質を指します。ニッケルや鉄などの強磁性金属と呼ばれる材料群でできており、一様に磁化されるというユニークな性質を持っています。磁石は、エアコンや洗濯機、スピーカーやハイブリッドカーなど、現在一般的に使用されているさまざまな機器に使用されており、その需要は年々、世界的にエスカレートしています。

冷蔵庫、掃除機、芝刈り機、ガーデントラクターなど、さまざまな家電製品にも磁石が使われています。また、磁気共鳴画像装置(MRI)や補聴器、補助人工心臓など、さまざまな医療機器の機能にも重要な役割を果たしています。その上、強力な磁力により、製品の大幅な小型化、製品性能の向上、製造コストの削減が可能になります。また、京都議定書に基づき、CO2やその他の温室効果ガスの排出量を削減することが、世界的な課題として急速に高まっています。このため、各国政府は、二酸化炭素排出量の削減に役立つ省エネ技術やデバイスの使用に注力しています。さらに、メーカーは比較的新しい輸送技術である磁気浮上式(maglev)を導入しています。この技術では、非接触式の車両が、磁場によってガイドウェイの上に吊り下げられ、誘導され、推進されながら、時速250~300マイル以上の速度で安全に走行します。この技術は近い将来に成長する可能性があり、それによって磁石の強い需要が生まれます。

主要な市場区分

世界の磁石市場は、マグネットタイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

マグネットタイプ別の市場構成

・フェライト

・ネオジム・鉄・ホウ素(NdFeB)

・アルミニウム・ニッケル・コバルト(AlNiCo)

・サマリウムコバルト(SmCo)

これらの磁石の中で、最も普及しているのがフェライトで、全体のシェアの大半を占めています。スピーカー、MRI装置、DCモーター、磁石を使ったホルダー、リフター、セパレーター、アッセンブリー、ツールなどに使用されています。

アプリケーション別の市場構成

・コンピュータ用ハードディスクドライブ(HDD)、CD、DVD

・ハイブリッド電気自動車

・電動アシスト自転車

・暖房・換気・空調(HVAC)機器

・風力発電機

・その他のアプリケーション

・磁気分離装置・ソーター

・変換器・拡声器

・磁気共鳴画像診断装置(MRI) 

・磁気ブレーキシステム

・磁気浮上式輸送システム

・医療・健康

・クレジットカード、その他のIDカード

・進行波管(TWT)

・広告・販促品

・磁気冷凍システム

・ナノテクノロジー

・軍事・航空宇宙

・エネルギー貯蔵システム

現在、マグネットの主な用途は、コンピュータのハードディスクドライブ(HDD)やCD、DVDで、スピンドルモーターの駆動と読み書きヘッドの位置決めの両方にマグネットが使用されています。

地域別の市場区分

・中国

・日本

・米国

・ヨーロッパ

・その他の地域

地域別では、中国が永久磁石の世界最大の市場であり、現在、世界市場の約3分の2を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]