イオン交換樹脂市場、2026年に22億米ドル規模到達見込み

市場の概要

イオン交換樹脂市場は、2020年に18億2,000万米ドルの価値に達しました。 今後、2026年には22億米ドルに達すると予想されています。 

イオン交換樹脂は、ポリマー中の特定のイオンを溶液中のイオンと交換する機能を持つポリマーおよび不溶性マトリックスです。このイオン交換は、材料に手を加えることなく行われます。セルロース、土壌粒子、タンパク質、生体細胞などの天然物質の中には、イオン交換の性質を持つものがあります。イオン交換樹脂は、白色や黄色の小さなマイクロビーズの形をしています。これらのポリマーは、主に除染、分離、精製などのプロセスに使用されます。

飲料水には、汚染物質、工場廃棄物、病原性微生物など、さまざまな汚染物質が含まれているため、水処理にイオン交換樹脂を利用するケースが急増しています。これが、イオン交換樹脂市場の成長を促す主な要因の一つです。加えて、工業化の進展に伴い、大気汚染を抑制するための様々な対策が講じられており、これが世界的なイオン交換樹脂の需要促進に寄与しています。さらに、イオン交換樹脂は、砂糖精製、MTBE触媒、液体グルコース、金やウランの採掘などの分野でも使用されるようになっています。

主要な市場区分

世界のイオン交換樹脂市場は、タイプ別、アプリケーション別、地域別に市場を分類されています。

タイプ別の市場構成

・カチオン性樹脂

・アニオン性樹脂

・その他

アプリケーション別の市場構成

・脱塩と軟水 

・食品・飲料 

・鉱業・冶金 

・その他

これらの中では、脱塩と軟水が市場シェアの大半を占めています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域がイオン交換樹脂の最大の市場となっています。これは、環境問題への関心の高まりにより、携帯用の水や電気の需要が同地域で増加しているためです。

市場の競合状況

世界のイオン交換樹脂市場における主要な企業としては、ランクセス、三菱ケミカルホールディングス、ダウ・ケミカル・カンパニー、ピューロライト、サーマックス社、イオンエクスチェンジ(インド)社、レジンテック社、ノバセップホールディング社、サムヤン社、江蘇蘇青水処理工程集団社などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]