産業用ウェアラブルデバイス市場、2021年から2026年にかけて約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

産業用ウェアラブルデバイスは、製造業、物流、ヘルスケア、ライフスタイルなどの分野において、職場の生産性、安全性、効率性を向上させるために設計された機能的なツールです。これらのデバイスは、高度に洗練された電子部品で構成されており、データを収集したり、活動を追跡したり、ユーザーのニーズや要望に応じてカスタマイズされた体験を提供します。さらに、これらのデバイスは、作業者が与えられたタスクをより簡単に実行し、作業に関連する事故を減らすことを目的としています。産業用ウェアラブルデバイス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。

産業用ウェアラブルデバイスは、携帯性、利便性、操作性などの多くの利点により、急速に普及しています。さらに、これらのデバイスのバイオセンシング技術の向上は、体温、心拍数、血中酸素濃度などの健康パラメータの測定に役立ちます。さらに、これらのパラメータは、企業が従業員の健康状態を把握するために利用され、従業員の福利厚生プログラムと連動することで、医療費の削減につながります。さらに、産業用ウェアラブル機器は、リアルタイムでのデータモニタリング、労働力の認証、現場管理、企業の健康管理、モバイルワークフォース管理などに利用できます。これにより、ヘルスケア、IT・通信、製造業など、さまざまな分野での利用が拡大すると予想されます。2021年から2026年にかけて、世界の産業用ウェアラブルデバイス市場は約9%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプ別に、産業用ウェアラブルデバイス市場はフィットネストラッカー、スマートグラス、スマートウォッチ、ウェアラブルカメラなどに分類されています。現在、スマートウォッチが市場を支配しており、最大のシェアを占めています。

アプリケーションを別に、市場は倉庫管理、トレーニング・シミュレーション、サービス・メンテナンス、その他に分類されています。

業界別では、市場は輸送・物流、小売、製造、ヘルスケア、その他に分類されています。

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。これらの中で、北米は主要市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

産業用ウェアラブルデバイス市場のリーディングカンパニーとしては、アップル、エプソン、富士通、グーグル、マイクロソフト、Vuzix、ASUS、Fitbit、Garmin、Honeywell、Jawbone、Motorola、Nike、Pebble、Samsung、SAP、ソニー、Xiomi、Eurotechなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]