工業用テープ市場、2021年から2026年にかけて5.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

工業用テープ市場は、2020年に596億米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に市場は5.7%のCAGRで成長すると予想されています。

工業用テープは、粘着性のある化学フィルムと裏打ち材を用いて作られ、接着、マスキング、包装、ラッピング、電気シールなど、さまざまな産業機能に使用されます。一般的なテープに比べて高い粘着力を持ち、コンクリート、ガラス、木材、ゴム、金属などの重い素材の接着にも使用されます。テープには、粘着タイプ、非粘着タイプ、特殊タイプがあります。接着剤付きの工業用テープは、さまざまな製品の結束に広く利用されていますが、接着剤無しや特殊用途のテープは、ネジのシール、電気絶縁、溶接、熱保護、摩擦低減などの特定の用途に使用されます。

市場の動向及び成長要因

工業用テープは、耐水性や耐衝撃性、高い剥離強度や引張強度などのさまざまな特性を活かして、包装、自動車、医療、建設などの分野で幅広く使用されており、これが世界市場を牽引する主な要因となっています。これらのテープは、ボルトやネジなどの機械的な留め具の代わりに軽量化を実現するとともに、製品の美観を高め、目に見える接合部や取り付け部をカバーします。また、耐衝撃性や耐水性に優れていることから、電気機器の製造にも広く使用されています。さらに、政府の政策は、二酸化炭素の排出量を削減するために、残留物のない、環境に優しい、生分解性のテープの生産を奨励しています。また、天然ゴムやアクリルなど、環境への負荷が少ない素材を使用した工業用テープを選択するメーカーも増えており、市場の成長をさらに加速させています。

主要な市場区分

世界の工業用テープ市場は、製品タイプ、テープの裏材、用途、エンドユーザー、適用形態などに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・フィラメントテープ 

・アルミテープ

・ダクトテープ

・粘着転写テープ

・その他

テープの裏材別の市場構成

・ポリプロピレン

・紙

・ポリ塩化ビニル

・その他

用途別の市場構成

・パッケージング用途

・マスキング・保護用途

・電気・電子機器用途

・特殊用途

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・製造業

・自動車産業

・建設業界

・物流業界

・電機産業

・その他

適用形態別の市場構成

・感圧式

・溶剤ベース

・ホットメルトベース

・アクリル系

地域別の市場構成

・アジアパシフィック

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の工業用テープ市場における主要な企業としては、Avery Dennison Corporation、H.B Fuller Company、Henkel AG & Company KGaA、Ashland Inc、Sika AG、Saint Gobain SA、Eastman Chemical Company、The DOW Chemical Company、VON Roll Holding AG、The 3M Companyなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]