産業用IoT市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

産業用IoT市場は、2020年に1,443億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に力強い成長を示すと予想されています。 

産業用インターネット・オブ・シングス(IIoT)とは、産業機械のセンサーやアクチュエーターをインターネットと統合し、産業パフォーマンスを向上させることを指します。近年、クラウドコンピューティングやセンシング技術などのサポートインフラの発達により、IIoTの導入が盛んになってきています。多くの企業が、インテリジェントなコネクテッドデバイスを活用してIIoTを導入しています。IIoTは、業務効率の向上、遠隔地からの業務の監視と制御に役立ちます。また、従業員の生産性向上、ビジネスモデルの統合と適応、時間とコストの削減にも役立ちます。

市場の動向及び成長要因

IIoTは、石油・ガス、保険、製造、輸送、インフラ、小売などの業界で活用され、業務効率の向上に役立っています。さらに、世界中の企業が協力して革新的なIIoT技術を開発しており、メーカーのメンテナンスコストの削減や予定外の資産ダウンタイムの防止に役立っています。例えば、ファーウェイ・テクノロジー社とゼネラル・エレクトリック社は、柔軟なネットワーク、IIoT、クラウド・プラットフォームを利用してメンテナンス・スケジュールを予測する「Predictive Maintenance Solution」を発表しました。同様に、ゼネラル・エレクトリック社、AT&T社、シスコ社、インテル社、IBM社といったテクノロジー分野の主要企業は、相互に接続された機械やデバイス、インテリジェントな分析の開発、採用、普及を促進するために、インダストリアル・インターネット・コンソーシアムを設立しています。

主要な市場区分

世界の産業用IoT市場は、コンポーネント別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。

コンポーネントによる市場構成

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

・コネクティビティ

エンドユーザー別の市場構成

・製造業

・エネルギーおよびユーティリティ

・自動車および輸送

・ヘルスケア

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の産業用IoT市場における主要な企業としては、Cisco、Ge、Honeywell、Intel、IBM、ABB、Rockwell Automation、Siemens、Huawei、Bosch、Kuka、Texas Instruments、Dassault Systemes、PTC、ARM、NECなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]