産業用ガス発生装置市場、2021年から2026年にかけて7.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

産業用ガス発生装置市場は、2020年に33億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は7.7%のCAGRで成長すると予想されています。

ガス発生装置は、タービンを駆動したり、液体や固体の原料から可燃性ガスを発生させたりするために使用されます。ガス発生装置から発生するガスは、燃料が完全に燃焼したときの生成物であり、二酸化炭素と水を含んでいます。ガス発生装置は、バックアップ電源や非常用電源として、産業界で絶大な人気を誇っています。現在、ガス発生装置には、機能性や作動力の点で異なる様々なタイプのエンジンがあります。

停電や電力網の障害の増加に伴い、無停止の電力供給が求められていることから、長年にわたり産業分野でのガス発生装置の採用が進んでいます。さらに、急速な都市化と工業化を背景に、中東やアジアなどの新興地域からの強い需要が、世界の産業用ガス発生装置市場の成長を後押ししています。さらに、遠隔監視システムの導入などの技術的進歩により、市場の成長見通しがさらに拡大しています。

主要な市場区分

世界の産業用ガス発生装置市場は、タイプ、最終用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・20KWから100KW

・101KW~500KW

・501KW~1MW

・1MWから2MW

・2MW~5MW

最終用途別の市場構成

・化学業界

・品種改良産業

・石油・ガス産業

・鉱業

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の産業用ガス発生装置市場における主要な企業としては、Caterpillar、Cummins、GE、Kohler、Himoinsa、Generac、Lvhuan、Rolls-Royce、Multiquip、JDECなどがあります。 

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]