医療情報ソフトウェア市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

医療情報ソフトウェア市場は、2020年に240億米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年にかけて市場は約7%のCAGRで成長すると予想されています。  

医療情報ソフトウェアは、患者の情報を取り込み、保存し、管理し、医療システムに送信するのに役立ちます。このソフトウェアは、医療データを収集・分析し、医師や患者の効果的な意思決定を支援します。また、効率性の向上、コストの削減、操作ミスの最小化、より良いサービスの提供にも役立ちます。医療情報ソフトウェアで記録されたデータは、病気の蔓延や不治の病に至るのを防ぐための治療にも利用されます。また、医療情報ソフトは便利で、ペーパーワークを必要とせず、異常があれば患者や医師に警告を発することができます。

ここ数年、病院や医療機関では、医療情報ソフトウェアが非常に人気を博しています。多忙な生活とファストフードの増加により、世界中で生活習慣病が増加しています。このことは、世界の医療情報ソフトウェア市場の成長見通しを広げる主な要因の一つです。これに加えて、自動品質管理などの医療情報ソフトウェアにおけるいくつかの技術革新も、医療情報ソフトウェアの需要を促進しています。

主要な市場区分

世界の医療情報ソフトウェア市場は、展開モデル、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

展開モデル別の市場構成

・オンプレミス

・クラウド 

現在、オンプレミスが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

アプリケーション別の市場構成

・病院

・診療所

・医療研究センター

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界の医療情報ソフトウェア市場における主要な企業としては、GE Healthcare、Siemens Healthcare、3M Health、McKesson、Philips Healthcare、Agfa Gevaert、Allscripts、Dell、Epic Systems、NextGen Healthcare、Merge Healthcare、Neusoft、InterSystems、Cerner、Carestream Health、Meditechなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]