塩素酸ナトリウム市場、2021年から2026年まで5.6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

塩素酸ナトリウム市場は、2020年に28億3,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.6%のCAGRで成長すると予想されています。

塩素酸ナトリウム(NaClO3)は、塩水(NaCl)を電気分解して製造される無機化合物です。強力な酸化剤である塩素酸ナトリウムは、無臭で淡黄色の結晶性固体であり、水に容易に溶解します。純粋な状態では自然界で可燃性であり、可燃性物質が存在すると分解時に極端な燃焼促進剤として作用します。現在、塩素酸ナトリウムは二酸化塩素の製造に広く使用されており、この二酸化塩素は漂白パルプの製造において漂白剤として使用されています。

市場の動向及び成長要因

紙・パルプ業界は塩素酸ナトリウムの最大の市場の一つであり、二酸化塩素のオンサイト生成に使用されます。塩素酸ナトリウムは、ECF(エレメンタル・クロリン・フリー)化学パルプの主要な漂白剤であり、インドや中国などの新興市場で広く使用されています。

塩素酸ナトリウムは、その酸化力を利用して、皮革のなめしや仕上げ、染料の製造などの用途に使用されることが多くなっています。これらの産業における塩素酸ナトリウムの需要の高まりが、今後数年間の市場の成長を後押しすることが期待されています。 

塩素酸ナトリウムはすべての緑色植物に対して植物毒性があるため、アサガオ、クリーピングアザミ、ジョンソングラス、タケノコ、ラグワート、セイヨウオトギリソウなど、さまざまな植物の成長を制御する非選択性の除草剤として利用されています。主に道端やフェンスなどの植生管理や、非農耕地でのスポット処理に使用されます。

塩素酸ナトリウムの製造には、塩化ナトリウムと水という2つの主要な原料が必要です。これらの原料はコストが低く、自然界に豊富に存在するため、塩素酸ナトリウムは手頃な価格で入手できます。また、保管が容易であることから、さまざまな用途に適しています。

主要な市場区分

世界の塩素酸ナトリウム市場は、形態、用途、地域に基づいて分類されています。

形態別の市場構成

・結晶 

・溶液 

 塩素酸ナトリウム市場は、形態に基づいて、結晶と溶液に二分されます。このうち、結晶性塩素酸ナトリウムは、漂白剤や爆発物など様々な産業で使用されており、市場シェアの大半を占めています。

用途別の市場構成

・パルプ・漂白業界

・その他の金属の塩素酸塩

・皮革なめし

・染料

・その他  

 用途別では、繊維産業での需要の高まりを受けて、パルプ・漂白産業が塩素酸ナトリウム市場の最大のセグメントとなっています。

地域別の市場区分

・カナダ

・米国

・中国

・フィンランド

・ブラジル

・その他

 地理的には、カナダが世界の塩素酸ナトリウム市場でトップの地位を占めています。これは、カナダには同国経済の柱である最大の紙パルプ産業があるためです。

市場の競合状況

世界の塩素酸ナトリウム市場は細分化されており、多数のメーカーが存在し、価格と品質の面で競争しています。大手企業は、提携関係を構築したり、地域やその他の小規模な企業を買収することで、新しい市場での存在感を高めようとしています。この市場で活動している主要プレーヤーの一部を紹介します。

・Eka Chemicals

・エルコ・ワールドワイド

・Canexus

・Kemira Oyj

・China First Chemical Holdings Limited

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]