携帯電話保険市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

携帯電話保険市場は、2020年に272億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて、同市場は力強い成長を見せると予想されています。

携帯電話保険は、携帯電話ユーザーが自分の携帯電話をさまざまな損害や損失から守るために加入する保険です。この保険は、損害、火災、盗難、事故、その他の不測の事態が発生した場合に被保険者に提供されます。携帯電話保険は、消費者が携帯電話の紛失や故障の際に、高額な交換費用を回避するのに役立ちます。この市場には、お客様に最も精巧な保険ソリューションを提供するために多大な投資を行っている世界中の老舗企業が参加しています。

市場の動向及び成長要因

世界の携帯電話保険市場を牽引しているのは、スマートフォンのユーザー数の増加と、事故による破損、盗難、機器の故障などの発生率の上昇です。携帯電話は物理的・技術的な損害を受けやすく、スマートフォンの価格上昇により、消費者は携帯電話保険を選択する傾向にあります。また、携帯電話メーカーと保険規制当局との協力関係も世界の市場を牽引しています。市場の保険ベンダーは、消費者が保険を請求する際に、リカバリー機能やデータ保護、広範な技術サポートを提供することで、保険を改善しています。さらに、マルチチャネル対話、消費者への直接保険支援、オンライン取引プラットフォームなどの出現も、世界の携帯電話保険市場をさらに牽引しています。その他の市場促進要因としては、データおよびウイルス保護プランの需要の高まり、流通ネットワークの改善によるアクセスの向上、プレミアムスマートフォンの需要の高まりなどが挙げられます。

主要な市場区分

電話機タイプ別の市場構成

・新品 

・整備済製品

補償内容別の市場構成

・物理的損傷

・電子的損害

・ウイルス対策

・データ保護

・盗難防止

販売チャネル別の市場構成

・携帯電話事業者

・デバイスOEM

・小売業者  

・オンライン

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・企業

・個人

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の携帯電話保険市場における主要な企業としては、AIG、アリアンツ保険、AmTrust International Underwriters、Apple、AT&T、AXA、Deutsche Telekom、Liberty Mutual Insurance Group、Pier Insurance Managed Services、Samsung Electronics、SoftBank Corporation、Sprint Corporation、Telefonica Insurance S.A、Verizon Communications、Vodafone Group、Xiaomi、Orangeなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]