虹彩認証市場、2021年から2026年にかけて23%のCAGRで成長見込み

市場の概要

虹彩認証市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を遂げました。虹彩は、遺伝子的には類似しているものの、構造的には異なる固有のものであるため、認識、識別、認証の目的で使用することができます。虹彩認証は、虹彩スキャンとしても知られており、虹彩のユニークなパターンに基づいて個人を識別するための方法です。このプロセスでは、可視光と近赤外光を利用して、虹彩の高コントラスト画像を撮影します。この技術は、コンピュータビジョン、パターン認識、統計的推論、光学を組み合わせたものです。このバイオメトリクス・システムは、法執行機関の職員が容疑者の虹彩画像を既存のデータベースと比較するのに役立ちます。また、世界のいくつかの国では、セキュリティ違反の発生を減らすために、空港、出入国地点、その他の権威ある施設にこのシステムを導入しています。2021年から2026年にかけて、世界の虹彩認証市場は23%のCAGRで成長すると予測されています。

市場の動向及び成長要因

ここ数年、世界各地で犯罪件数やテロの脅威が増加しています。これらの事件を受けて、政府機関では、セキュリティ状況を改善し、不正行為を防止するために、ハイテクの生体認証システムを導入しています。これが市場の成長を促す主な要因の一つとなっています。

メーカー各社は、スマートフォンや銀行システム、ATMなどのさまざまな機器に虹彩認証技術を搭載できるように開発を進めています。これらの技術革新は、これらの設計を実際のアプリケーションに適用するための大規模な研究開発に関心を持つ投資家を魅了し、市場の成長にプラスの影響を与えています。

医療機関では、患者のアイデンティティに関する問題に対処するため、虹彩認証の利用に力を入れています。虹彩認証技術とヘルスケアに特化したPTOYNetブロックチェーンネットワークを組み合わせることで、管理面、財務面、臨床面での効率化を図ることができます。

主要な市場区分

コンポーネントによる市場構成

ハードウェア

ソフトウェア

製品統合による市場構成

スマートフォン

タブレット・ノートPC

スキャナー

PC/ラップトップ

スマートウオッチ

その他

エンドユーザー別の市場構成

政府機関

交通機関

ヘルスケア

その他

地域別の市場区分

アジア太平洋

ヨーロッパ

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

虹彩認証市場における主要な企業としては、BioEnable社、Iris ID社、IrisGuard社、M2SYS Technology社、Gemalto Cogent社、IriTech, Inc社、SRI International社、Crossmatch社、EyeLock LLC社などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]