院内感染症検査市場、2021年から2026年まで18.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

院内感染症検査市場は、2020年に73億2,000万米ドルの価値に達しました。 今後、2021年から2026年にかけて市場は18.5%のCAGRで成長すると予想されています。

院内感染症(HAI)は、病院や診療所で発症する病気です。老人ホームやリハビリテーションセンター、病院などの医療機関の周辺でもこのような病気にかかる可能性があります。ほとんどの人は、集中治療室(ICU)や緊急治療室(ER)にいるときにHAIに感染します。一般的に、これらの病気の潜伏期間は、入院してから48時間から4日の間で変化します。院内感染の主な原因は、病院内のスタッフが適切な衛生管理を行っていないことです。また、メンテナンスの不備、病院スタッフの自己満足、多剤耐性菌(MDRO)の増加なども原因のひとつと考えられます。最も一般的な院内感染としては、肺炎、原発性血流感染症、尿路感染症などが挙げられます。また、多くの場合、これらの院内感染は患者自身のマイクロバイオームに起因することがあることがわかっています。特に外科手術の後などに、保護膜である皮膚が脅威となりうるものと接触し、感染症が発生することがあります。

市場の動向及び成長要因

院内感染症検査市場は、現在2桁の成長率を示しています。人口増加と医療インフラの近代化に伴い、世界各国で医療施設の数が大幅に増加しています。その結果、HAIの発生率が上昇し、院内感染症検査の需要が高まっています。さらに、高度な技術と科学的革新により、マイクロアレイ、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、リアルタイムロケーションシステム(RTLS)、固相ハイブリダイゼーションなど、HAIの予防、診断、モニタリングのためのさまざまな技術が市場に登場しています。RTLSのような技術は、患者とスタッフの両方にHAIが広がるのを簡単に防ぐことができます。また、患者の間でHAIに対する意識が高まっていることや、各国政府がHAIの発生率の高い病院に罰則を与える規制を制定していることも、市場の成長を促進する要因の一つです。 

主要な市場区分

院内感染症検査市場は、適応症及び地域に基づいて分類されています。

適応症別の市場構成

・UTI(尿路感染症)

・SSI(手術部位感染症)

・肺炎

・血流感染症

・MRSA (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)

・その他

現在、尿路感染症が最大の市場となっています。

地域別の市場区分 

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

院内感染症検査市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Alere, Inc.、Becton, Dickinson and Company、bioMérieux SA、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Hologic, Inc.、QIAGEN、Siemens Healthcare、Diacarix Laboratories, Inc.、Meridian Bioscience, Inc.、Thermo Fisher Scientific, Inc. (Life Technologies Corporation)、Cepheid, Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]