家庭用エネルギー管理システム市場、2021年から2026年まで16.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

家庭用エネルギー管理システム市場は、2020年に21億8,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は16.3%のCAGRで成長すると予想されています。

家庭用エネルギー管理システムは、家庭でのエネルギー消費を管理するためのスマート電子機器です。このデバイスを使用することで、家庭で必要なエネルギーを効率的にモニタリングし、個々の家電製品の電力消費パターンや電力消費データを得ることができます。このシステムのハードウェア部分には、電気基板上に取り付けられるハブが含まれています。このハブは、ソフトウェアとユーザーの間を仲介し、無線機器を使って仮想的に操作することができます。また、家庭内の他のスマートデバイスとの接続も可能です。ソフトウェア部分では、ユーザーが使用状況を監視したり、カスタマイズしたりすることができます。アプリやウェブポータルを通じてアクセスできます。HEMSのインターフェースは、システムの性能の有効性に特化したものもあれば、デバイスの機動性に特化したものもあります。HEMSの基本的な機能としては、電力使用量のモニタリング、蓄電池によるバックアップの管理、太陽エネルギーの効率的な利用などが挙げられます。

市場の動向及び成長要因

エネルギー資源の持続可能な利用に対する消費者の意識の高まりを背景に、エネルギー効率の高い家電製品や家庭用エネルギー管理システムの需要が大きく伸びています。消費者は、これらのシステムがエネルギー費用の削減に役立つだけでなく、利用可能なエネルギー資源をより持続可能なものにするために重要な役割を果たしていることを認識しています。家庭用エネルギー管理システム市場を牽引するその他の主な要因としては、先進国および発展途上国におけるインターネットの普及率の上昇、エネルギー管理におけるモノのインターネット(IoT)とビッグデータの役割の増大、スマートホーム市場の拡大などが挙げられます。

主要な市場の区分

世界の家庭用エネルギー管理システム市場は、製品タイプ、通信技術、ソフトウェア&サービス、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・照明制御装置

・セルフモニタリングシステム・サービス

・プログラム可能な通信機能付きサーモスタット

・アドバンスドセントラルコントローラ

・インテリジェントHVACコントローラ

現在、照明制御装置が最大のセグメントとなっています。

通信技術別の市場構成

・Z-Wave

・Zigbee

・Wi-Fi

・その他

ソフトウェア&サービス別の市場構成

・ビヘイビア

・プロアクティブ

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

家庭用エネルギー管理システム市場における主要な企業としては、Honeywell International, Inc.、Nest Labs, Inc.、Vivint, Inc.、General Electric Company、Ecobee, Inc.、Alarm.Com、Comcast Cable (Xfinity)、Panasonic Corporation、Ecofactor, Inc.、Energyhub, Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]