過酸化水素市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

過酸化水素市場は、2020年に29億4,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2026年にかけて緩やかな成長が見込まれています。過酸化水素は、純粋な状態では淡い青色の透明な液体で、水よりもわずかに粘性があります。また、過酸化水素は性質的に不安定であるため、通常は安定剤を加えた弱酸性の溶液で保存されます。過酸化水素は強い酸化力を持ち、強力な漂白剤として、主に紙の漂白に使用されているが、消毒剤や酸化剤としても使用されています。 過酸化カルバミドの形をした過酸化水素もまた、専門家や自分で行う歯のホワイトニングに使用されています。 

市場の動向及び成長要因

過酸化水素は排出物がなく、環境に優しいという特性を持っているため、環境関連の法規制が市場の成長に重要な役割を果たしています。そのため、水処理や汚染防止のために過酸化水素を使用する消費者が増えています。さらに、過酸化水素は、化学、電子、紙・パルプ、鉱業などの幅広い最終産業分野で利用されています。また、過酸化水素は、漂白工程で塩素化合物を除去するための漂白剤にも需要が高まっています。さらに、過酸化水素のコスト効率の良さや、再生紙の需要の高まりも、この市場にプラスの影響を与えています。

主要な市場区分

過酸化水素市場は用途に応じて、化学合成、漂白、消毒、洗浄・エッチング、その他に分類されています。現在、化学合成が市場を支配し、最大のシェアを占めています。

用途別では、紙・パルプが最大の市場であり、次いで食品・飲料、水処理、繊維・洗濯、石油・ガス、ヘルスケア、エレクトロニクス、その他となっています。

地域別では、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、ラテンアメリカに分けられます。その中でも、アジア太平洋地域は最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界の過酸化水素市場における主要な企業としては、ソルベイ、エボニック、アルケマ、Kemira Oyj、FMCコーポレーション、Eko Peroxide LLC(AkzoNobelに買収された)、三菱ガス化学、PeroxyChem LLC、Aditya Birla Chemicals Limited、Kingboard Chemical Holdings Ltd、BASF SE、Merck、Chang Chun Petrochemical、Guangdong Zhongcheng Chemicals、Hansol Chemicalなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]