グリーン包装市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

グリーン包装市場は、2020年には2,328億米ドルに達しています。グリーン包装(持続可能な包装)とは、商品の包装に持続可能な材料や製造方法を使用することを指します。グリーン包装では、生分解性プラスチックや植物由来のプラスチックに加え、リサイクルされた成形包装や使用済みポリエチレン袋を利用して様々な製品を製造します。従来の合成包装と比較して、グリーン包装は二酸化炭素排出量を削減し、長期的に人間と生態系の健康をサポートします。さらに、グリーン包装のプロセスには、製造プロセスで発生する廃棄物や排出物の量を制限する方法も含まれています。

市場の動向及び成長要因

環境保護と持続可能な生活に関する意識の高まりは、市場の主要な推進要因の一つです。これに加えて、環境保護のための政府の厳しい規制や、製造プロセスに再生可能な材料を取り入れるという産業界の動向も、市場の成長を大きく後押ししています。これに加えて、さまざまな業界が、拡大生産者責任(EPR)の一環としてグリーン包装を取り入れ始めています。例えば、ヘルスケアや食品・飲料メーカーは、紙、ガラス、金属、プラスチックなど、リサイクルが容易な環境に優しい包装製品を選択しています。さらに、先進国および新興国の政府が、さまざまな産業分野で環境に配慮した包装の導入を促進するために実施しているイニシアチブの数が増えていることも、今後数年間の市場を牽引すると予測されます。市場の成長に寄与するその他の要因としては、バイオベースの樹脂などのグリーン包装材料の製造における研究開発(R&D)活動や技術の進歩が挙げられます。今後、2021年から2026年にかけて、世界のグリーン包装市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

包装タイプ別の市場構成

再生材を使用した包装 

・紙

・プラスチック

・金属

・ガラス

・その他

リユース包装

・ドラム缶

・プラスチック容器

・その他

分解可能な包装

最終用途産業別の市場構成

・食品業界

・飲料業界

・ヘルスケア産業

・パーソナルケア産業

・その他

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ 

市場の競合状況

世界のグリーン包装市場における主要な企業としては、Amcor Limited、Du Pont、Mondi Limited、Sealed Air Corporation、TetraPak International S.A.、Ardagh Group Company、PlastiPak Holdings、Bemis Company、Uflex limited、ELOPAK ASなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]