ジェネリック注射剤市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

ジェネリック注射剤市場は2020年に338億2,000万米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に、同市場は力強い成長を見せると考えられます。

ジェネリック注射剤は、医薬品特許で保護されていないブランド注射剤の生物学的同等品です。有効成分、投与量、強度、品質、形状などが類似しているため、イノベーター医薬品と同様に安全で効果的です。ジェネリック注射剤の製造は複雑だが、その研究開発サイクルはより安価で短いです。研究開発やマーケティングに数百万ドルを費やすブランド医薬品メーカーとは異なり、ジェネリック医薬品メーカーはそのような投資を必要としません。 さらに、ジェネリック注射剤市場では、経口剤のジェネリックに比べて競合他社の数が少ないため、価格の下落が抑えられ、利益率が大幅に向上します。

このようなジェネリック注射剤の利点により、各国の政府はジェネリック注射剤の製造を支援しています。また、米国を中心とした医薬品不足の増加、多くのブロックバスター医薬品の特許切れ、人口の高齢化、慢性疾患や生活習慣病の増加なども、市場の成長を促進する要因となっています。 

主要な市場区分

ジェネリック注射剤市場は、治療領域、容器、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

治療領域別の市場構成

・腫瘍

・麻酔薬

・抗感染症薬

・非経口栄養

・心臓血管

現在、腫瘍領域が市場シェアの大半を占めています。

容器別の市場構成

・バイアル

・アンプル

・プレミックス

・プレフィルドシリンジ

流通チャネル別の市場構成

・病院

・小売薬局 

現在、病院が最大の市場シェアを占めています。

地域別の市場区分

・欧州

・北アメリカ

・アジア 

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ 

北米は最大の地域で、世界市場の半分以上を占めています。

市場の競合状況

世界のジェネリック注射剤市場における主要な企業は以下の通りです。

・ホスピーラ(ファイザー)

・Fresenius Kabi

・ヒグマ

・サンド社(ノバルティス)

・Sagent

・サノフィ

・バクスター

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]