グローライト市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

グローライト市場は、2020年に32億6,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は力強い成長を見せると予想されています。

グローライト(プラントライト)は、植物の光合成を促進して成長を促すために、電磁スペクトルの光を発する人工光源です。一般的には、蛍光灯型、高輝度放電(HID)型、発光ダイオード(LED)型、白熱灯型があります。主に太陽光、色、温度を作物に与えるために使用され、開花抑制、アントシアニンの蓄積、発根促進など、目的に応じてカスタマイズすることができます。そのため、垂直農法や室内農業、商業用温室、造園などに幅広く利用されています。

市場の動向及び成長要因

農業分野の著しい成長は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。さらに、垂直農法や屋内農法の普及も市場の成長を後押ししています。水耕栽培システムでは、複数の栽培用ライトを使用して十分な日光量を確保し、虫や害虫による被害から植物を守ります。さらに、人口の増加に伴う食糧需要の高まりと、耕作可能な土地が限られていることも、製品需要にプラスの影響を与えています。栽培用ライトは、最適な収穫量と植物の品質を維持することで、世界的に着実に増加している食糧需要に対応します。さらに、IoT(モノのインターネット)と統合されたスマートな照明器具の開発など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。その他にも、農業科学分野におけるさまざまなイノベーションや、政府の有利な政策の実施などが、今後数年間の市場を牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界のグローライト市場は、テクノロジー、設置タイプ、スペクトル、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場構成

・HID

・LED

・蛍光灯

・その他

設置タイプ別の市場構成

・新規導入

・レトロフィット

スペクトル別の市場構成

・フルスペクトル

・パーシャルスペクトル

アプリケーション別の市場構成

・屋内農園

・垂直農法

・商業施設の温室

・芝生・造園

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のグローライト市場における主要な企業としては、Epistar、Everlight Electronics、Gavita International B.V.、General Electric Company、Heliospectra AB、Illumitex Inc.、Koninklijke Philips N.V.、LumiGrow、Osram Licht AG、Shenzhen Juson Technology Co. Ltd.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]