飼料添加物市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

飼料添加物市場は、2020年に371億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

飼料添加物は、肉、牛乳、卵などの動物由来製品の品質を向上させるために添加される栄養補助食品です。飼料添加物は通常、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、その他の必須栄養素で構成されており、動物の最適な健康状態を確保し、病気を予防します。飼料添加物には、動物の食欲を刺激する感覚的添加物、動物に特定の栄養素を供給する栄養的添加物、動物の食事の全体的な栄養バランスを維持する動物工学的添加物、動物の体内のあらゆる形態の細菌を殺す抗生物質を放出するコクシディオスタットなど、動物の食事に投与される4つのタイプがあります。

市場の動向及び成長要因

飼料添加物市場は、現在、世界人口の継続的な増加によって牽引されています。2019年に約76億人だった世界人口は、2030年には86億人に達すると予想されています。これにより、世界の食糧需要が増加し、飼料添加物市場にプラスの影響を与えることが予想されます。さらに、所得の増加、ライフスタイルの変化、健康志向の高まりなどを背景に、消費者の食生活は変化しており、炭水化物の摂取量を減らし、タンパク質の摂取量を増やす傾向にあります。これにより、肉、魚介類、牛乳、卵の世界的な需要が高まっています。  飼料添加物市場を牽引しているその他の要因としては、食肉生産の工業化、家畜の疾病予防への関心の高まり、畜産物の品質に対する懸念の高まりなどが挙げられます。

主要な市場区分

世界の飼料添加物市場は、ソース、製品タイプ、家畜、形態に基づいて分類されています。

ソース別の市場構成

・合成

・天然

製品タイプ別の市場構成

・アミノ酸

・リン酸塩

・ビタミン類

・酸味料

・酵素類

・カビ毒の解毒剤

・香料・甘味料

・抗生物質

・ミネラル

・酸化防止剤

・非蛋白質性窒素

・防腐剤

・フィトジェニック

・プロバイオティクス

家畜別の市場構成

・反芻動物

・家禽類

・スワイン

・水生動物

・その他

フォーム別の市場構成

・ドライ 

・液体 

地域別の市場区分

・アジア太平洋

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の飼料添加物市場における主要な企業としては、カーギル、ADM、Dowdupont、Evonik、BASF、DSM、Solvay、Ajinomoto、Novozymes、Chr.Hansen、Invivo、Nutreco、Kemin、Adisseo、Alltechなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]