E-Bike市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

E-Bike市場は、2020年に201億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。E-Bike(電動自転車)は、電気モーター、バッテリー、ドライブトレインを搭載した標準的な自転車です。ペダルを漕いで移動したり、充電式バッテリーで走行することができます。主に鉛蓄電池を使用しており、1回の充電で長い距離を走行することができます。E-Bikeは操作が簡単で、すべての年齢層に便利であり、モーター付きの自動車と比較して、環境に優しい交通手段として経済的な選択肢でもあります。

市場の動向及び成長要因

レクリエーション活動としてのサイクリングの人気が高まっていることも、市場成長の主な要因の一つです。サイクリングには、心肺機能の向上、筋力や柔軟性の向上、ストレスやうつ病のリスクの軽減など、肉体的にも精神的にも多くの利点があります。また、若年層を中心に様々なアドベンチャースポーツを楽しむ傾向が強まっており、これがE-Bikeの販売を後押ししています。さらに、観光産業の隆盛も市場の成長を促す要因となっています。観光客は、経済的で楽に走行できることから、自動運転の通勤手段としてE-Bikeを選んでいます。また、環境意識の高まりや都市部の大気汚染の深刻化により、二酸化炭素の排出量が少なく、太陽光発電で充電可能なE-Bikeなどの電気自動車への切り替えが進んでいます。さらに、水素を燃料とする自転車やスマートE-Bikeモニタリングシステム(SEMS)の導入など、さまざまな製品イノベーションや、ペダルアシスト自転車やペデレック自転車の需要増加も、市場の成長に貢献しています。

主要な市場区分

モード別の市場構成

スロットル

ペダルアシスト

モータータイプ別の市場構成

ハブモーター

ミッドドライブ

その他

バッテリータイプ別の市場構成

鉛酸

リチウムイオン

ニッケル水素(NiMH)

その他

クラス別の市場構成

クラスI

クラスII

クラスIII

デザイン別の市場構成

折りたたみ式

非折りたたみ式

用途別の市場構成

マウンテンバイク/トレッキングバイク

シティ/アーバン

カーゴ

その他

地域別の市場区分

アジア太平洋

ヨーロッパ

北アメリカ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

E-Bike市場における主要な企業としては、Accell社、BionX社、Robert Bosch GmbH社、Yamaha Motor Company社、Derby Cycle社、Giant Bicycles社、Klever Mobility社、Merida Industry Co. Ltd., Samsung SDI Co, Continental AG, Prodecotech LLC, Fuji-ta, Trek Bicycle Corporation, Pedego Electric Bikes, Shimanoなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]