生分解性フードサービスディスポーザブル市場、2021年から2026年まで6.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

生分解性フードサービスディスポーザブル市場は、2020年に25億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.4%のCAGRで成長すると予想されています。

完全に生分解性の使い捨て用品は、サトウキビ繊維(バガス)、コーンスターチ、小麦ふすま、竹、アレカナッツの鞘、ヤシの葉などの乾燥した葉、ココナッツ・コアなどの自然界に存在する物質から作られます。現在、世界の生分解性フードサービスディスポーザブル市場の成長を牽引しているのは、紙製使い捨て用品の使用と廃棄に起因する環境問題です。例えば、木質繊維から作られた紙製使い捨て用品は、何百万エーカーもの森林を破壊する原因となっており、紙製使い捨て用品の内側のポリウレタン層が生分解性を制限しています。逆に、完全な生分解性を持つ素材は、通常、堆肥化が可能です。これは、これらの素材が分解されると、貴重な栄養素が土壌に放出され、土壌がより肥沃になることを示しています。

市場の動向及び成長要因

紙製使い捨て用品の使用と廃棄の増加による環境問題への関心の高まりは、生分解性フードサービスディスポーザブル市場の今後の成長に大きな可能性をもたらしています。  いくつかの国でプラスチックの使用が禁止され、プラスチックや紙製の使い捨て用品が環境に与える影響について消費者の意識が高まっているため、完全に生分解性のある代替品が好まれるようになっています。さらに、継続的な都市化、座りっぱなしのライフスタイル、外出先での食文化は、短期的にも中期的にも市場の成長をさらに促進すると予想されます。また、生分解性フードサービス用使い捨て用品の製造に使用される原材料の入手が容易であることも、メーカーに生産のしやすさを提供し、市場でのこれらの製品の入手を増加させる要因となっています。

主要な市場区分

世界の生分解性フードサービスディスポーザブル市場は、地域、原材料タイプ、製品タイプ、流通チャネルに基づいて分類されています。

地域別の市場区分

地域別では、欧州、北米、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。これらの中では、欧州が最大の市場となっています。

原材料タイプ別の市場構成

原材料タイプ別に、市場はパルプ・紙、バイオポリマー、葉、木に分けられます。これらの中では、パルプ・紙のセグメントが最大のシェアを占めています。

製品タイプ別の市場構成

製品タイプ別では、カップ、クラムシェル・コンテナ、プレート、カトラリー、その他に分類されます。その中でも、現在はカップが最大のシェアを占めています。 

流通チャネル別の市場構成

流通チャネル別では、B2C(企業対顧客)チャネルとB2B(企業対企業)チャネルに分類されています。さらに、B2Cチャネルでは、スーパーマーケットやハイパーマーケット、オンラインストア、その他に分類されます。これらの中で、現在最大のシェアを誇るのはスーパーマーケットとハイパーマーケットです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]