アボカドオイル市場、2021年から2026年まで約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

アボカドオイル市場は、2020年に4億8,460万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約7%のCAGRで成長すると予想されています。

アボカドオイルは、アボカドの果肉から抽出される天然オイルです。アボカドオイルの約70%は、心臓の健康に良いオレイン酸(オメガ9の一価不飽和脂肪酸)で構成されています。アボカドは食物繊維やカリウムが多く、食感が豊かで風味も良いです。その健康効果から、アボカドオイルの主要な消費者層は、健康志向の高い人々、特に肥満や心臓病に悩む人々です。アボカドオイルは、食品・飲料業界以外にも、医薬品や化粧品にも幅広く利用されています。アボカドオイルには、保湿効果、抗酸化作用、エモリエント効果、肌の調子を整える効果があり、肌をつややかに保ち、シミ、乾燥肌、シワ、ニキビの改善に役立ちます。

市場の動向及び成長要因

アボカドオイル市場は現在、健全な成長率を示しています。この市場は、アボカドオイルの栄養面や健康面でのメリットに対する認識の高まりが主な要因となっています。また、高脂肪バターやオイルの摂取量の増加に伴い、糖尿病、肥満、心血管障害などの様々な生活習慣病が増加していることから、アボカドオイルのような健康的なオイルの需要がさらに高まると予想されます。さらに、ヘルスケア産業におけるアボカドオイルの需要の高まりも、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

主要な市場区分

世界のアボカドオイル市場は、製品タイプ、地域、アプリケーション、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・エキストラバージンオイル

・精製オイル

・ブレンド

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

アプリケーション別の市場構成

・食品・飲料

・化粧品

・医薬品

・その他

流通チャネル別の市場構成

・B to B

・B to C

スーパーマーケット・ハイパーマーケット

コンビニエンスストア

オンラインストア

その他

市場の競合状況

世界のアボカドオイル市場で活動している大手企業は以下の通りです。

・オリバード・グループ

・Sesajal

・Grupo Industrial Batellero

・ザ・ヴィレッジ・プレス

・スペクトラム・オーガニクス

・ベラ・ヴァド

・チョーセンフーズLLC

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]