電子請求市場、2021年から2026年まで年率22.1%で成長見込み

市場の概要

電子請求市場は、2020年に66億米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に年率22.1%で市場は成長すると予想されています。

電子請求(e-invoicing)とは、商品やサービスの交換の際に、デジタルプラットフォームを介して電子請求書を作成することを指します。通常、携帯電話、ラップトップ、タブレットなどの様々なスマートデバイスを介して行われ、支払い条件を指定した発注書、受取・支払手形、送金伝票などが含まれます。電子請求は、クラウドやオンプレミスのソリューションを通じて導入することができ、請求書の正確性やデータの質の向上、支払い遅延の減少、請求書処理時間の短縮や透明性の向上など、さまざまなメリットがあります。また、ビジネストランザクションの追跡を容易にし、システムの設計、カスタマイズ、導入、トレーニング、メンテナンスなどにかかるコストを最小限に抑えることができます。

市場の動向及び成長要因

電子商取引業界の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、エネルギー、通信、小売などの業界で高度な情報技術(IT)ソリューションが広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。これに伴い、製品ベンダーは、頻繁に変化する業務パターンをサポートする柔軟な電子請求書発行ソリューションを提供しています。さらに、クラウドとの統合が可能なウェブやソフトウェアベースの請求書発行アプリケーションの開発、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、予測分析ツールなど、さまざまな技術的進歩が市場の成長に貢献しています。その他、文書のセキュリティを確保するためのブロックチェーン技術の導入が進んでいることや、効率的な処理やコンプライアンス要件のために文書をデジタル化する傾向が出てきていることなども、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界の電子請求市場は、チャネル、展開タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

チャネル別の市場構成

・B2B

・B2C

・その他

展開タイプ別の市場構成

・クラウドベース

・オンプレミス

アプリケーション別の市場構成

・エネルギーとユーティリティ

・FMCG

・電子商取引

・BFSI

・官公庁

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合の状況

世界の電子請求市場における主要な企業としては、Araize Inc.、Basware Oyj、Brightpearl、Cegedim (FCB SAS)、Comarch SA、Coupa Software Incorporated、International Business Machines Corporation、Nipendo Ltd.、Paysimple Inc. (EverCommerce)、SAP Ariba(SAP SE)、The Sage Group Plc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]