デジタルサイネージ市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

デジタルサイネージ市場は、2020年に211億米ドルの規模に達しました。

デジタルサイネージとは、複数のディスプレイに情報を再生するための集中型コンテンツ配信プラットフォームを指します。デジタルサイネージは、コンテンツ管理ソフトウェア(CMS)と、メディアプレーヤーに接続されたバックエンドのオペレーションコンピュータを介して、ターゲットとなる視聴者に広告やメッセージを表示します。デジタルサイネージは、プロジェクター、液晶ディスプレイ、LEDディスプレイ、プラズマディスプレイなどのデバイスを使用して、天気予報、ニュース、テレビ番組、メニュー、フライトスケジュール、カレンダー、広告などの情報を映し出したり、表示したりします。デジタルサイネージは、小売、エンターテインメント、ホスピタリティ、教育、企業、ヘルスケア、輸送など、さまざまな分野で使用されています。デジタルサイネージを利用することで、企業はより多くの人々と関わりを持ち、デジタルコミュニケーションのための集中的なネットワークを構築して、マーケティング活動の均一性と効果を高めることができます。

市場の動向及び成長要因

急速なデジタル化に伴い、効果的な広告ツールへの需要が高まっていることが、市場の成長を促す主な要因の一つです。さらに、小売業、接客業、娯楽、銀行業、医療、教育、輸送など、さまざまな産業分野で電子大画面ディスプレイが広く利用されていることも、市場の成長を促しています。例えば、銀行分野では、ATM(現金自動預け払い機)やe-バンキングセンターでデジタルサイネージが使用されており、モーションメッセージの表示、商品のデジタル化されたプロモーション、リモートでのコンテンツ更新・管理などに利用されています。さらに、生体認証技術のデジタルサイネージ製品への統合など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。これに伴い、最新の製品には視線追跡装置や熱線追跡装置が搭載されており、消費者が最も集まっているエリアを特定することで、企業は消費者の行動を監視し、有意義な情報を得ることができます。その他の要因としては、LCD/LED技術の向上、ブランドプロモーションや広告への支出の増加などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のデジタルサイネージ市場は、タイプ、コンポーネント、テクノロジー、アプリケーション、ロケーション、サイズ、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・ビデオウォール

・ビデオスクリーン

・透明LEDスクリーン

・デジタルポスター

・キオスク

・その他

コンポーネント別の市場構成

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

テクノロジー別の市場構成

・LCD/LED

・プロジェクション

・その他

アプリケーション別の市場構成

・小売

・ホスピタリティ

・エンターテイメント

・スタジアムと遊び場

・企業

・バンキング

・ヘルスケア

・教育機関

・交通機関

・その他

ロケーション別の市場構成

・屋内

・屋外

サイズ別の市場構成

・32インチ以下

・32~52インチ

・52インチ以上

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のデジタルサイネージ市場における主要な企業としては、BARCO、Leyard Optoelectronic (Planar)、LG Electronics、Panasonic、Samsung Electronics、Shanghai Goodview Electronics、Sharp (Foxconn Group)、Sonyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]