デジタル資産管理市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

デジタル資産管理市場は、2020年に38億8,000万米ドルの規模に達しました。デジタル資産管理(DAM)とは、組織がデジタル資産を迅速に保存、検索、利用するために使用するソフトウェアベースのソリューションを指します。デジタル資産とは、加工されたデータファイル、設計図、テキスト文書、Webページ、オーディオ、ビデオ、グラフィックなどを指ます。DAMソリューションは、許可されたユーザーが一元化されたインターフェースを介して、データの検索、レビュー、編集、共有を可能にします。さらに、ワークフローの自動化、著作権管理機能による権限の管理、ユーザーのクラウドエクスペリエンスの合理化も実現します。これらの利点により、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、小売、製造、情報技術(IT)、教育など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場な要因の一つです。ワークフローのコラボレーションと自動化への要求が高まっていることから、企業は、業務の透明性を維持し、し

デジタルコンテンツを改善し、全体的な運用コストを削減するために、DAMソリューションをますます活用するようになっています。さらに、デジタルマーケティングに注力する組織が増えていることも、市場の成長を後押ししています。消費者が様々なソーシャルメディアにアクセスする時間が増えていることから、企業はこれらのソリューションを利用して、消費者へのアプローチ、顧客エンゲージメントの向上、消費者の行動パターンを理解するための分析ツールの統合を行っています。さらに、クラウドベースのDAMソリューションは、デジタル資産へのアクセスを改善し、高い拡張性と運用速度を提供します。さらに、クラウドベースのDAMソリューションは、デジタル資産へのアクセスを改善し、高い拡張性と運用速度を提供するため、世界中の消費者の間で急速に普及しています。その他、人工知能(AI)の統合や、情報技術(IT)分野における広範な研究開発(R&D)などの要因が、市場をさらに押し上げると予測されています。今後、2021年から2026年にかけて、世界のデジタル資産管理市場は力強い成長を見せると予想されています。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

ブランド資産管理システム

図書館資産管理システム

プロダクションアセットマネジメントシステム

コンポーネント別の市場構成

ソリューション

サービス

コンサルティング

システムインテグレーション

サポート&メンテナンス

アプリケーション別の市場構成

販売・マーケティング

放送・出版

その他

デプロイメント別の市場構成

オンプレミス

クラウド

組織規模別の市場構成

中堅・中小企業

大企業

最終使用産業別の市場構成

メディア・エンタテインメント

銀行・金融サービス・保険(BFSI)

小売

製造業

ヘルスケア・ライフサイエンス

教育

旅行・観光

その他

地域別の市場区分

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア・パシフィック

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のデジタル資産管理市場における主要な企業としては、Adam Software、Canto Inc.、Celum、Cognizant Technology Solutions、OpenText Corporation、North Plains Systems、Oracle Corporation、QBank、Webdam Inc.、Mediabeacon Inc.、IBM Corporation、Widal Enterprises Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]