セルベースアッセイ市場、2021年から2026年にかけて大きく成長見込み

市場の概要

セルベースアッセイ市場は、2020年には177億米ドルに達しました。この市場は、研究開発への投資の増加、ハイスループットスクリーニング法の採用、様々な慢性疾患の増加、創薬活動の成長、セルベースアッセイが他の技術に比べて提供する様々な利点など、多くの要因によって活性化されています。今後、2021年から2026年の間に市場が大きく成長すると予想されています。

セルベースアッセイとは、生きた細胞を用いたあらゆる実験を指します。基本的な技術には、細胞の毒性、増殖、運動性、特定の細胞生成物の産生、細胞の形態などを測定する目的で使用できる様々なアッセイがあります。セルベースアッセイは、生きた細胞を用いて実験を行うため、より実生活に近いモデルとなります。セルベースアッセイは、ヘルスケア分野の研究開発において、特に抗体のような特定の細胞の機能性や、細胞群に対する薬剤の有効性を理解するための実験において、汎用的なツールとして成長してきました。

市場の動向及び成長要因

より良い安全な医薬品を開発するために、様々な公的機関や民間企業による研究開発費が大幅に増加しています。さらに、セルベースアッセイの技術的進歩により、研究者はこの技術を創薬や毒性研究に使用することができるようになりました。また、関節炎、糖尿病、てんかん、がん、心血管疾患などの生活習慣病が増加していることも市場成長の大きな要因となっていますが、これらの疾患には未だに大きなアンメットニーズがあり、研究開発への継続的な投資につながっています。また、毒性試験、薬物スクリーニング、in vitro試験などのハイスループットなスクリーニング方法として、セルベースアッセイ技術の採用が増加していることも、この市場をさらに押し上げています。

主要な市場区分

製品とサービスに基づいて、市場は消耗品、機器、サービス、ソフトウェアに分類されています。現在、消耗品分野が最大のシェアを占め、市場を支配しています。 

技術に基づいて、市場は自動ハンドリング、フローサイトメトリー、ラベルフリー検出、ハイスループットスクリーニング、その他に分類されています。 

アプリケーションに基づいて、市場は創薬、基礎研究、ADME研究、予測毒性学、その他に分類されています。現在は、創薬分野が最大のシェアを占めています。

エンドユーザー別では、製薬・バイオテクノロジー企業、学術・政府機関、契約研究機関、その他に分類されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。このうち、北米は主要市場であり、市場シェアの大半を占めています。 

市場の競合状況

世界のセルベースアッセイ市場における主要な企業としては、Becton Dickinson and Company、GE Healthcare Biopharma (Danaher Corporation)、Thermo Fisher Scientific Inc.、Merck Group、Perkinelmer Inc.、Charles River Laboratories Inc.、Lonza Group Ltd.、Cell Signaling Technology Inc.、Promega Corporation、Cell Biolabs Inc.、Bio-Rad Laboratories Inc.、Corning Inc.、F. Hoffmann-La Roche AG (Roche Holding AG)などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]