屋内LBS市場、2021年から2026年まで24.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

屋内LBS市場は、2020年に80億9,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に24.3%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

屋内位置情報サービス(LBS)とは、閉ざされた空間内の物体や個人の位置を追跡するために使用される技術的ソリューションを指します。これらのソリューションは、地理的に狭い範囲に限定され、Wi-Fi、GPS(全地球測位システム)、MEMS(マイクロエレクトロニック・メカニカル・システム)、WLAN(ワイヤレス・ローカル・エリア・ネットワーク)などの無線ネットワークを通じて動作します。また、スマートフォンユーザーに対して、地図やナビゲーション、店頭での商品検索、Bluetoothを利用した近接サービス、モバイルペイメントなど、ユーザーの位置に応じてカスタマイズされた情報を提供しています。航空宇宙、防衛、医療、小売、接客、交通など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向及び推進要因

世界的な工業化と都市化の急速な進展は、市場の成長を促す主な要因の一つです。また、インフラの整備が進み、小売店やレクリエーションパーク、教育機関、複合商業施設、病院などで地理空間データが活用されていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、スマートフォンやタブレットなどの接続機器の普及や、ソーシャルメディアプラットフォームの普及も、市場の成長を後押ししています。これらのプラットフォームは、マーケティング担当者が、ソーシャルチェックインを通じて潜在顧客をターゲットにしたり、カスタマイズされたオファーを提供してオーディエンスと交流したりすることで、効率的なジオマーケティングを行うのに役立ちます。さらに、5G技術のLBSへの利用が増加していることも、成長を促す要因となっています。屋内LBSは、当局が公共の活動を監視・追跡する際の支援やセキュリティを強化します。その他の要因としては、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、ビッグデータツールをビジネスプロセスの最適化のために広く活用していることや、リーン生産方式のツールやプロセスを導入する際に最も効率的なプランのレイアウトを決定していることなどが挙げられ、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界の屋内LBS市場は、ソリューションタイプ、テクノロジー、アプリケーション、分野、地域に基づいて分類されています。

ソリューションタイプ別の市場構成

アナリティクスとインサイト

キャンペーンマネジメント

エンタープライズサービス

位置情報とアラート

マップ

プロキシミティ・ビーコン

その他

自動車関連サービス

消費者向けサービス

位置情報広告サービス

プレシジョン・ジオターゲティング

セキュアトランザクションと償還

その他

テクノロジー別の市場構成

コンテキストアウェア技術

OTDOAとE-OTDOA

RFIDおよびNFC

衛星、マイクロ波、赤外線センシング

その他(Wi-Fi/WLAN、UWB、BT/BLE、ビーコン、A-GPSなど)。

アプリケーション別の市場構成

モニタリング

ナビゲーション

トラッキング

分析

その他

分野別の市場構成

小売

運輸・物流

メディア・エンタテインメント

ヘルスケア・ライフサイエンス

官公庁・公共施設

航空宇宙・防衛

BFSI

その他

地域別の市場区分

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の屋内LBS市場における主要な企業としては、Apple、Cisco Systems Inc.、GloPos Technologies、Google Inc.、IndoorAtlas Ltd、Micello Inc.、Microsoft Corporation、Navizon Inc.、Ruckus Wireless、YOOSE Pte.Ltd.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]