人工知能市場、2021年から2026年にかけて堅調に成長見込み

市場の概要

人工知能市場は、2020年に402億1,000万米ドルの規模に達しました。 今後5年間、同市場は堅調な成長を示すと予想されています。

人工知能(AI)とは、コンピュータサイエンスの一分野で、プログラム可能な機械を開発するために人間の知能をシミュレートすることを目的としています。AIを搭載した機械は、過去の経験に基づいて、人間のような音声認識、学習、計画、問題解決を行うことができます。AIを構成するハードウェアには、GPU(Graphics Processing Unit)、CPU(Central Processing Unit)、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)、FPGA(Field-Programmable Gate Array)など、高い演算能力を持つさまざまなチップセットがあります。ソフトウェアコンポーネントには、自然言語処理(NLP)、深層学習、機械学習(ML)、拡張現実・仮想現実(AR/VR)などのコア技術が含まれており、大量のデータを処理して意味のある洞察を得ることができます。

市場の動向及び成長要因

この市場は主に、情報技術(IT)産業の著しい成長と、世界各地でのクラウドベースのアプリケーションの利用拡大によって牽引されています。通信、ヘルスケア、自動車、銀行・金融サービス・保険(BFSI)など、さまざまな業界でデジタル化が進んでいることから、大量のデータを分析し、全体的な業務効率や消費者の体験に関する洞察を引き出すために、AIを統合したシステムが幅広く活用されています。さらに、5Gインフラの導入が進んでいることや、インテリジェントな仮想アシスタントの需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。様々なソーシャルメディアやEコマースのプラットフォームが、AIベースのアルゴリズム、レコメンデーションエンジン、チャットボット、価格最適化、リードジェネレーション、サプライチェーン最適化システムを採用し、顧客エンゲージメントを強化しています。その他、AIを搭載した産業用ロボットや手術用ロボットの開発や、AIインフラ整備のための投資の増加なども、市場をさらに押し上げる要因になると予測されています。

主要な市場区分

世界の人工知能市場は、タイプ、提供物、技術、システム、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・狭義/弱い人工知能

・一般/強い人工知能

提供物別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

技術別の市場区分

・機械学習

・自然言語処理 

・コンテキスト・アウェア・コンピューティング

・コンピュータビジョン

・その他

 システム別の市場区分

・インテリジェンス・システム

・意思決定支援処理

・ハイブリッドシステム

・ファジーシステム

 最終用途産業別の市場区分

・ヘルスケア

・製造業

・自動車

・農業

・小売

・セキュリティ

・人的資源

・マーケティング

・金融サービス

・運輸・物流

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の人工知能市場における主要な企業としては、Amazon Web Services Inc.、Apple Inc.、Baidu、Cisco Systems Inc.、Facebook Inc.、General Electric Company、Google LLC(Alphabet Inc.)、International Business Machines、Intel Corporation、Micron Technology Inc.、Microsoft Corporation、Nvidia Corporation、Oracle Corporation、Rockwell Automation Inc.、Samsung Electronics Co. Ltd.、SAP SE、Siemens AGなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]