熱交換器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

熱交換器市場は、2020年に149億米ドルの規模に達しました。熱交換器とは、ある流体から別の流体へ熱を移動させるための装置のことです。熱交換器は、システムや物質の温度を制御するために使用されます。熱交換器には高温の流体と低温の流体が流れており、これらの流体間で熱エネルギーを伝達するために利用されます。これらの流体は、熱伝導性のチューブやプレートで分離するか、流体が混じり合わない場合は直接接触させることができます。これらの装置は、建物の冷暖房を補助したり、エンジンや機械を効率的に作動させたりするのに役立ちます。そのため、ボイラー、炉、冷蔵庫、自動車のラジエーター、下水処理、空調システムなどに幅広く利用されています。

市場の動向及び成長要因

工業用、商業用、住宅用の熱・換気・空調設備(HVAC)の需要が大幅に増加していることが、市場の成長を促しています。これは、可処分所得の増加、生活水準の変化、世界各地の平均的な気候条件などが要因として挙げられます。さらに、エネルギー効率が高く環境に優しい機器の使用に関する個人の環境問題への関心の高まりも、市場の成長に影響を与えています。いくつかの国の政府は、さまざまな産業分野で二酸化炭素の排出量を削減するための厳しい規制を実施しており、これが熱交換器市場に好影響を与えています。さらに、メーカーは費用対効果に優れた効率的な製品を発売するために、熱交換技術の研究開発に絶えず取り組んでおり、これが市場の成長をさらに促進するものと期待されています。今後5年間、世界の熱交換器市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

シェル&チューブ

プレート&フレーム

空冷式

その他

材料別の市場構成

炭素鋼

ステンレススチール

ニッケル

その他

最終用途産業別の市場構成

化学

石油化学およびオイル&ガス

HVACおよび冷凍機器

食品・飲料

発電

紙・パルプ

その他

地域別の市場区分

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア・パシフィック

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

熱交換器市場における主要な企業としては、アルファ・ラバル、API Heat Transfer Inc.、ダンフォス、ゼネラル・エレクトリック・カンパニー、日阪製作所、株式会社IHI、ジョンソン・コントロールズ、Kelvion Holding GmbH、コーク・インダストリーズ、Lytron Inc.、メルセン、モダイン・マニュファクチャリング、Royal Hydraulics、Sondex A/S、Xylem Inc.などの大手メーカーが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]