フェライト磁石市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

フェライト磁石市場は、2020年に55億8,000万米ドルとなりました。今後、2021年から2026年の間、市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

フェライト磁石は、セラミック磁石としても知られており、様々な用途に広く使用されている永久磁石の一種です。濃い灰色をしており、固有の保磁力と電気絶縁性が高いのが特徴です。フェライト磁石は、炭酸ストロンチウムと酸化鉄を主原料としており、他の多くの永久磁石に比べて安価で入手しやすいです。また、硬くて脆く、磁気エネルギーが小さく、磁石業界の中で最も高出力であることから、工業用途に広く使用されています。近年では、湿気の多い環境や海洋環境での使用に適し、減磁や腐食に強いフェライト磁石が注目されています。

市場の動向及び成長要因

フェライト磁石市場は、主に様々な産業分野での幅広い用途に支えられています。家電製品分野では、扇風機、掃除機、冷蔵庫、電子レンジなど、さまざまな電化製品にフェライト磁石が使用されています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)の大流行に伴い、費用対効果に優れ、長期的な性能を持つフェライト磁石は、さまざまな医療機器や人工呼吸器に使用され、需要が高まっています。また、新興の自動車産業では、自動車の機能向上と効率化のために、ブレーキシステムやロックシステムにフェライト磁石の使用が増えています。さらに、いくつかの大手メーカーは、フェライト磁石のような高品質の永久磁石を非常に競争力のある価格で提供するために、研究開発(R&D)活動に取り組んでいます。

主要な市場区分

世界のフェライト磁石市場は、最終用途及び地域に基づいて分類されています。

最終用途別の市場構成

・エレクトロ・アコースティック製品

・パワープレイツール

・エレクトロニクス産業

・計算機

・自動車産業

地域別の市場区分

・中国

・インド

・日本

・米国

・その他

地理的には、中国がフェライト磁石の最大の消費国であり、生産国でもあります。低コストの労働力と豊富な原材料を持つ中国は、磁石メーカーにとって好ましい進出先となっています。

市場の競合状況

世界のフェライト磁石市場における主要な企業としては、Hangzhou Permanent Magnet Group、Hitachi Metals L、Ningbo Yunsheng Co. Ltd.、JPMF Guangdong Co. Ltd.、JPMF Guangdong Co.、NingGang Permanent Magnet Materials Co. Ltd.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]