ゲーム周辺機器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

ゲーム周辺機器市場は、2020年に36億4,000万米ドルの規模となりました。 今後5年間、市場は緩やかな成長を示すと予想されています。 

ゲーム周辺機器とは、コンピュータに入出力を提供し、ユーザーのゲーム体験の向上を支援する補助装置のことです。一般的にゲームは、ボードゲームやビデオゲームから、よりインタラクティブでバーチャルなセットアップへと進化してきました。PCの導入やインターネットの普及に伴い、ゲームの開発や商業化が大きく進展しています。ゲーム周辺機器市場は、ヘッドセット、ジョイスティック、マウス、キーボード、ゲームパッドなど、さまざまなハードウェア製品に分けられます。また、技術に基づいて、有線技術と無線技術に区分されます。 

市場の動向及び成長要因

世界のゲーム周辺機器市場を牽引している主な要因として、ハードコア/カジュアルゲーマーの増加と、eスポーツの人気の高まりが挙げられます。eスポーツやバーチャルゲームの普及により、カスタマイズが可能で、ユーザーに優れたエルゴノミクスを提供する特殊なゲーミングキーボードやゲームパッドが開発されています。消費者は、没入感のあるリアルなゲーム体験をますます求めるようになり、高品質なゲーム機、全身センサー、周辺機器などのニーズが高まっています。また、若年労働人口の増加に伴い、ゲーム周辺機器の平均価格も上昇しています。さらに、拡張現実(AR)、仮想現実(VAR)、高精細ディスプレイなどの導入も、この市場の成長を促進する要因となるでしょう。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

ヘッドセット

キーボード

ジョイスティック

マウス

ゲームパッド

その他

デバイスタイプ別の市場構成

PC(デスクトップ/ラップトップ)

ゲーム機

テクノロジー別の市場構成

有線

ワイヤレス

流通チャネル別の市場構成

オンライン

オフライン

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

北アメリカ

ヨーロッパ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のゲーム周辺機器市場における主要な企業としては、Alienware、Logitech、Razer、Mad Catz、Turtle Beach、Corsair、Cooler Master、Sennheiser、HyperX、SteelSeries、Anker、Roccat、Reddragon、Das、Gamdias、Sadesなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]