アルコール飲料市場、2026年に1兆8,370億米ドル規模到達見込み

市場の概要

アルコール飲料市場は、2020年に1兆5,870億米ドルの規模に達しました。今後、2026年には1兆8,370億米ドルに達すると予想されています。

アルコール飲料とは、発酵させた果物や穀物、砂糖にエタノールを混ぜて作る飲み物のことです。ワインやシードルは発酵させた果実をベースに、ビールやスピリッツはそれぞれ大麦やライ麦を発酵させて製造されます。飲料のアルコール度数や風味は、保存して熟成させる期間や、発酵させる容器によって影響を受けます。アルコール飲料は、若返りや娯楽のための飲み物として広く消費されています。

市場の成長要因

ウォッカ、フレーバーワイン、ビール、カクテルなどの製造における技術革新や進歩は、消費者のライフスタイルや飲料の嗜好の変化、世界的な醸造所やワイナリーの増加などと相まって、市場の成長を後押ししています。さらに、プレミアムおよびスーパープレミアムアルコール飲料の需要は、先進国と新興国の両方で著しい成長を遂げています。また、若年層や社会人の間で社交や平日・週末のパーティーを楽しむ傾向が強まっていることも、市場にプラスの影響を与えています。都市化の進展に伴い、プレミアム飲料は気品や洗練されたイメージを持つようになり、その結果、消費者はユニークで革新的な飲み方を求めるようになり、さまざまな種類のフレーバーアルコールやミックスドビバレッジを試す傾向が強まっています。さらに、食品・飲料業界の成長、ソーシャルメディアやインターネットの普及率の上昇、流通・小売チャネルの改善などの要因も、市場の成長に寄与しています。

主要な市場区分

世界のアルコール飲料市場は、カテゴリー、アルコール度数、フレーバー、パッケージタイプ、流通チャネルなどに基づいて分類されています。

カテゴリー別の市場構成

・ビール

・ワイン

・スティルライトワイン

・スパークリングワイン

・スピリッツ

・白酒

・ウォッカ

・ウイスキー

・ラム酒

・リキュール

・ジン

・テキーラ

・その他

アルコール度数別の市場構成

・高

・中

・低

フレーバー別の市場構成

・アンフレーバー

・フレーバー

パッケージタイプ別の市場構成

・ガラス瓶

・缶

・プラスチックボトル

・その他

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・オン・トレード

・専門小売店

・オンライン

・コンビニエンスストア

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のアルコール飲料市場における主要な企業としては、Anheuser Busch-inBev社、Miller Coors社、Heineken Holdings N.V.社、Carlsberg A/S社、Diageo PLC社、Bacardi Limited PLC社、Olvi PLC社、Tsingtao Brewery Company Limited社、Beijing Brewery Company Limited社、Kirin Holdings Company Limited社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]