ジェネリック癌治療薬市場、2026年に468億米ドル到達見込み

市場の概要

ジェネリック癌治療薬市場は、2020年に273億米ドルの価値に達しました。将来的には、2026年に468億米ドルに達すると予想されています。

ジェネリック癌治療薬は、人体内に存在する癌細胞を縮小、制御、破壊することを支援します。さらに、いくつかの癌治療薬は、痛みなどの症状を和らげるために医師から広く処方されています。これらは、すでに販売されているブランド名の癌治療薬と同じ有効成分を共有しています。これらの医薬品は、先発医薬品と色や味が異なることが特徴ですが、品質、性能、使用目的、強さ、剤形、投与経路などは同じです。そのため、先発医薬品と同等の治療効果を、より低コストで効率的に得ることができます。

市場の動向及び成長要因

癌の罹患率の上昇は、市場成長の主な要因の一つです。喫煙者の急増、座りっぱなしの生活、紫外線の浴びすぎなど様々な要因により、世界的に癌の罹患者数が大幅に増加しています。加えて、癌治療には高額な費用がかかるため、多くの患者が、先発医薬品と比較して費用対効果の高いブロックバスターを選択しています。さらに、主要なブロックバスター医薬品の特許が切れたことも、市場の成長を後押しする重要な要因となっています。また、各国の政府は、ジェネリック医薬品の普及に向けた取り組みを行っています。また、各国政府は、癌治療にかかる医療費を削減し、誰もが利用できる医療施設を実現するために、研究開発活動に継続的に取り組んでいます。このような取り組みにより、いくつかの新しいジェネリック医薬品の導入が進んでいます。その他の要因としては、癌の早期診断の有用性に対する意識の高まりや、予防策への関心の高まりなどが、市場の成長に寄与しています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・欧州

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

中でも北米は、癌患者数の増加や癌の早期診断に対する意識の高まりを背景に、市場でトップの地位を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]