ジェネリック医薬品市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

ジェネリック医薬品市場は、2020年には3,860億米ドルの規模に達しています。ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と同じ有効成分を含み、同等の治療効果を持つ医薬品のことです。また、安全性、品質、用法・用量、強度、投与経路、使用目的、効果、形態、品質、副作用などの点でも同一です。これらの医薬品は、先発医薬品の特許満了後にのみ製造することができます。ジェネリック医薬品は、先発医薬品と比較して、薬の有効性や安全性を証明するための臨床試験(ヒト)や動物実験を繰り返す必要がないため、製造コストが大幅に削減できます。研究にかかる初期費用が削減されるため、一般的にジェネリック医薬品は市場で大幅に安い価格で販売されています。

市場の動向

人口の高齢化や慢性疾患の増加に伴い、先進国の政府はジェネリック医薬品の生産を促進することで医療費の削減に努めています。一方、発展途上国では、価格や入手のしやすさが、医療業界が直面する主要な問題の一つとなっています。これらの問題に対処するため、政府やその他の規制機関は、効果的なジェネリック医薬品の導入をメーカーに奨励してきました。しかし、先発医薬品の特許切れが急速に進んでいるにもかかわらず、ジェネリック医薬品が不足しているのが現状です。このような状況は現在、世界中の病院や機関などによる様々な取り組みによって是正されつつあります。例えば、2018年には、米国の7つの病院と3つの慈善団体の連合体が、「Civica Rx」という名前のジェネリック医薬品会社を立ち上げて、医薬品不足と必須医薬品の高額なコストに対処することを発表しました。この会社は、2019年の初めから市場に出回っている14種類の供給不足のFDA承認薬を製造しています。これ以外にも、2018年、米国食品医薬品局(USFDA)は、市場参入とジェネリック承認のプロセスをより効率的にするための方針を打ち出しました。コピーが困難な医薬品カテゴリーと特定の複合医薬品の両方の開発のためのガイダンス文書を発行しました。今後5年間、世界のジェネリック医薬品市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

治療分野別の市場構成

・中枢神経系

・心血管疾患

・皮膚科領域

・泌尿器系・ホルモン系

・呼吸器系

・リューマチ

・糖尿病

・腫瘍

・その他

不健康な食生活や座りっぱなしの生活により、心血管疾患の患者が増加していることから、心血管疾患は主要な治療分野であり、市場全体の大半を占めています。

投与方法別の市場構成

・経口

・注射剤

・経皮・外用剤

・吸入剤

現在、医療従事者の助けを必要としないため、経口が最も好まれています。

販売チャネル別の市場構成

・小売薬局

・病院薬局

現在、ジェネリック医薬品の多くは、処方箋なしで購入できるOTC(Over The Counter)医薬品であるため、小売店の薬局で販売されています。

地域別の市場区分

・米国

・中国

・ブラジル

・ドイツ

・フランス

・インド

・イギリス

・日本

・カナダ

・イタリア

・その他

地域別では、米国が最大の市場であり、最大のシェアを占めています。この成長には、米国政府が国内でのジェネリック医薬品の製造とアクセスを改善するために数々の取り組みを行っていることが背景にあります。

市場の競合状況

ジェネリック医薬品市場における主要な企業としては、Teva Pharmaceuticals Industries Ltd.、Mylan N.V.、Novartis AG、Pfizer Inc.、Sun Pharmaceutical Industries Ltd.、Fresenius SE & Co.、Lupin Limited、Endo Pharmaceuticals Inc.、Aurobindo Pharma Limited、Aspen Pharmacare Holdings Limitedなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]