飲料用牛乳市場、2026年までに1,869億米ドル規模到達見込み

市場の概要

飲料用牛乳市場は、2020年に1,738億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場規模が1,869億米ドルに達し、年平均成長率は2.3%になると予想されています。

飲料用牛乳は、特にインドや中国などの発展途上国では、大多数の消費者の主食となっています。飲料用牛乳の加工には、標準化、均質化、低温殺菌、ビタミンAおよびDの強化など、さまざまな作業が行われます。飲料用牛乳は栄養価が高く、エネルギー、炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラル、微量の生物学的タンパク質や酵素を豊富に含んでいます。その結果、骨の強化、免疫系の強化、高血圧、虫歯、脱水症状、呼吸器系の問題、肥満、骨粗しょう症、ある種の癌などの様々な病気の予防など、飲料用牛乳は無数の健康上の利点をもたらします。市場には、無脂肪乳、低脂肪乳、全乳、有機乳など、さまざまな種類の飲料用牛乳があります。

市場の動向及び成長要因

乳業界では、世界中の消費者の多様な栄養ニーズに応えるために、特殊な飲料用牛乳を開発してきました。乳糖不耐症(消化不良)の消費者のために、乳糖低減牛乳や乳糖フリー牛乳、アシドフィルス牛乳が製造されています。これらの製品が広く簡単に入手できることが、主に市場の成長を促しています。また、人口の増加、可処分所得の増加、食習慣の変化、発展途上地域での需要の高まりなども、市場の成長を支えています。さらに、乳製品チェーン全体での急速な進歩と革新、研究開発(R&D)への一貫した取り組み、強力なブランドイメージの確立、大手企業による改良されたマーケティング戦略の採用などが、市場の成長局面を広げています。さらに、消費者の健康志向の高まりを受けて、メーカーは世界各地で無脂肪製品やオーガニック製品の生産を拡大しており、これが市場の見通しを明るくしています。

主要な市場区分

世界の飲料用牛乳市場は、タイプ別、包装材別、流通チャネル別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・ホール

・低脂肪

・無脂肪

・オーガニック

・その他

包装材別の市場構成

・紙

・プラスチック

・ガラス

・その他

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・食品専門店

・オンラインストア

・その他

地域別の市場区分

・アジア

・欧州連合

・北アメリカ

・東欧

・ラテンアメリカ

・オセアニア

・その他

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]