インク市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

インク市場は、2020年に218億米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年にかけて、インク市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

インクは何世紀にもわたって存在し、人間の生活のほとんどの側面で重要な役割を果たしています。インクは、液体またはペースト状で、主に溶剤、染料、顔料、樹脂、潤滑剤、可溶化剤、蛍光剤、界面活性剤などの材料から作られます。印刷用インクと筆記用インクの2つに大別されます。ここ数年は、書籍、ポスター、雑誌、新聞、カレンダー、写真などの印刷に使用される印刷用インクの需要が大きく伸びています。  

市場の動向及び成長要因

インクは様々な製品の包装に広く使用されているため、包装業界の成長が市場の主要な成長要因となっています。パッケージングは消費者を惹きつける上で極めて重要な役割を果たしているため、製品メーカーは精巧でユニークなパッケージングソリューションに投資しています。さらに、政府の厳しい規制により、化粧品、パーソナルケア製品、食品、飲料などのメーカーは、製品の価格、数量、成分、製造日や賞味期限などの詳細をパッケージに記載することが義務づけられています。また、所得水準の向上、商品の入手のしやすさ、インターネットの普及率の上昇などにより、電子商取引が活発化しており、これが印刷インクの需要を押し上げています。しかし、メディアのデジタル化に伴い、近年では印刷広告から電子チャネルへの移行が進んでいます。印刷物広告は、市場成長率が低下しているにもかかわらず、消費者の大部分が雑誌、新聞、マガジンなどの定期刊行物を購読しているため、広告業界で大きなシェアを占めています。

主要な市場区分

世界のインク市場は、テクノロジー、インクタイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場構成

・リソグラフィー

・フレキソグラフィック

・グラビア

・デジタル

・凸版印刷

・その他

現在は、安価で高品質なリソグラフ用インクが市場の大半を占めています。

インクタイプ別の市場構成

・オイルベース

・ソルベントベース

・水性

インクタイプ別では、現在、オイルベースが最大のシェアを占めています。

アプリケーション別の市場構成

・ラベル・パッケージ

・商業印刷

・出版

・その他

アプリケーション別では、ラベル・パッケージ分野が最大のアプリケーションとなっています。これは、発展途上国を中心に、電子商取引や食品・飲料産業が盛んであることに起因しています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・その他

地理的には、人口の増加と消費者の可処分所得の増加により、アジア太平洋地域が世界のインク市場でトップの地位を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]