マグネチックスターラー市場、2026年に24億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

マグネチックスターラー市場は、2020年に19億7,000万米ドルの規模に達しました。 今後、2026年には24億7,000万米ドルの市場規模に達すると予想されています。

マグネチックミキサーとも呼ばれるマグネチックスターラーは、回転磁石または固定電磁石で構成された実験装置で、回転磁界を発生させて流体を攪拌し、均質な混合物を作ります。マグネチックスターラーは、回転磁界を発生させて液体を撹拌し、均質な混合物を作る装置で、測定器が安定した測定値を得られるようにすることで、センサーの応答速度を向上させます。また、静音で動作するため、密閉されたシステムの撹拌にも役立ちます。さらに、マグネチックスターラーは、そのコンパクトなサイズのため、攪拌棒などの従来のデバイスよりも迅速に洗浄および滅菌することができます。

市場の動向及び成長要因

マグネチックスターラーは比較的信頼性が高く、使いやすく、要求される安全基準を満たすことができます。ギア駆動のモータースターラーよりも効率が良く、破損や摩耗の原因となる可動部がないため好まれています。その結果、栄養分や固形物の溶解、微生物の増殖、滴定中の浮遊物の沈降防止など、化学、製薬、微生物、バイオテクノロジー、医療など様々な用途で需要が高まっています。さらに、これらのスターラーは、透析、抽出、油分析、土壌懸濁、有機合成、pH測定、サンプル調製などにも使用されています。近年、メーカーは研究開発費を投じて、作業時間の短縮や作業効率の向上を目的とした新しいデザインを導入しています。また、世界的な試験研究施設の増加に伴い、今後数年間でマグネチックスターラーの需要が増加することが予想されます。

主要な市場区分

世界のマグネチックスターラー市場は、製品タイプ、ディスプレイタイプ、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・レギュラー

・ホットプレート

・マルチポジション

ディスプレイタイプ別の市場構成

・デジタル

・アナログ

エンドユーザー別の市場構成

・化学・製薬業界

・研究所・研究機関

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のマグネチックスターラー市場における主要な企業としては、コーニング、グラント・インスツルメンツ、IKA-Works、サイエンティフィック・インダストリーズ、サーモフィッシャー・サイエンティフィック、コール・パーマー、アゾタ、ダイナロン、ハンナ・インスツルメンツ、ハイドルフ・インスツルメンツ、ニューテック・グループ、サイロジェックス、トロエムナーなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]