液体洗剤市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

液体洗剤は、デリケートな布地の汚れや油分を落とすのに適した液体状の洗浄剤です。液体洗剤は、乾燥した粉末を水と、水と洗剤が均一に混ざるのを助ける可溶化剤と呼ばれる化学物質で構成された溶液に混ぜて作られます。これらの合成界面活性剤は、錯化剤、ゼオライト、漂白剤、酵素などから製造されます。現在、液体洗剤は、冷水でも温水でも均一になじませることができるため、消費者の間で使用される機会が増えています。世界の液体洗剤市場は、2020年に287億米ドルの規模に達しました。

市場の動向及び成長要因

特に発展途上国での可処分所得の増加は、顧客が企業の評判、価格、品質に基づいて製品を購入する傾向にあり、液体洗剤の需要を拡大しています。また、環境の持続可能性への関心の高まりから、メーカーは生分解性成分を使用した環境に優しい洗濯用洗剤に注目しています。これは、世界の液体洗剤市場のもう一つの成長要因として機能しています。さらに、様々な電子商取引企業が消費者を惹きつけるために行っている積極的なマーケティングやプロモーション手法は、市場全体の成長をさらに後押ししています。世界の液体洗剤市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

製品タイプに基づいて、市場は無機系液体洗剤と有機系液体洗剤に分類されています。

最終用途に基づいて、市場は住宅用と商業用に分別されています。

流通チャネル別では、スーパーマーケットとハイパーマーケットが最大の市場シェアを占めています。その他の主な流通チャネルには、コンビニエンスストア、デパート、オンラインストアなどがあります。

地域別に市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況

世界の液体洗剤市場における主要な企業としては、ヘンケル、プロクター・アンド・ギャンブル、ザ・クロロックス・カンパニー、チャーチ・アンド・ドワイト、ユニリーバなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]