子宮内避妊具市場、2021年から2026年まで緩やかな成長見通し

市場の概要

子宮内避妊具(IUD)とは、T字型のプラスチック製または銅製の小さな避妊具で、子宮内に挿入して使用します。これらのデバイスは、精子が卵子に到達して受精するのを阻止することで妊娠を防ぎます。IUDの大きさはマッチ棒のようなもので、子宮にきちんと収まるようにアーム部分が平らに折りたたまれています。IUDは、有効性、安全性、持続性に優れ、他の避妊具を必要としないため、世界中で急速に普及しています。しかし、IUDの使用には、点状出血、子宮穿孔、月経不順、骨盤内炎症性疾患などの副作用があります。子宮内避妊具(IUD)市場は、2020年に42億米ドルの規模に達しました。

市場の動向及び成長要因

長年にわたり、妊娠の半分以上は、意図しない、望まない妊娠であると言われています。このため、いくつかの政府や非営利団体は、避妊法や家族計画について人々を教育すると同時に、IUDの使用を促進しています。さらに、様々な啓発プログラムにより、今後数年間でIUDの売上が増加すると予想されています。さらに、米国ではAffordable Care Act(ACA)が廃止されたことにより、人工妊娠中絶を受けられないことや自己負担額の増加を理由に、多くの女性がIUDなどの長時間作用型可逆的避妊具(LARC)を選択するようになりました。また、再使用可能なIUDや産後用IUDなどの技術革新も、市場の成長を促進する要因となるでしょう。世界の子宮内避妊具市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

製品に基づいて、子宮内避妊具市場はホルモン型IUDと銅型IUDに分類されています。現在、ホルモン型IUDが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

最終用途セグメントに基づいて、市場は病院、婦人科クリニック、地域医療、その他に分類されています。

地域別に、市場は北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分類されています。

市場の競合状況

世界の子宮内避妊具市場における主要な企業としては、Actavis社、Bayer社、Teva Pharmaceuticals社、Allergan社、Eurogine社、OCON Medical社、Pregna社、HLL Lifecare社、HRA Pharma社、ANI Pharmaceuticals社、Besins HealthCare社、SMB社などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]