インテリジェントバーチャルアシスタント(IVA)市場、2021年から2026年にかけて力強く成長見込み

市場の概要

インテリジェントバーチャルアシスタント市場は、2020年には約40億米ドルの規模に達しました。インテリジェントパーソナルアシスタント(IPA)とも呼ばれるインテリジェントバーチャルアシスタント(IVA)は、自然言語による音声コマンドを理解し、基本的なタスクの遂行を支援するソフトウェアです。具体的には、テキストメッセージの作成、インターネットでの情報検索、ホテルやレストランの検索、フライトの予約確認、音楽鑑賞、ゲーム、カレンダーへのイベント追加、スマートホーム機器の状態確認などが挙げられます。そのため、最近ではスマートフォンやスマートウォッチ、タブレット、ポータブルスピーカーなど、ほとんどのガジェットに組み込まれています。代表的なIVAには、Googleアシスタント、AppleのSiri、MicrosoftのCortana、AmazonのAlexaなどがあります。

市場の動向及び成長要因

業界に革新的な製品を投入するために、一部の大手企業が研究開発活動(R&D)への投資を増やしていることが、市場の成長を強化しています。例えば、2018年5月に発表された「Google Duplex」は、Googleアシスタントによって、ユーザー側が何も操作しなくてもスマートフォンで予約ができるようになる新しいプロジェクトです。これとは別に、スマートフォンの販売がエスカレートしていることに加え、ソーシャルメディアプラットフォームの影響力が高まっていることから、IVAが提供するメリットに関する消費者の認知度が世界中で大幅に上昇しています。これに加えて、カスタマーサポートを提供するサービスにおける自動化への需要の高まりも、市場の成長を促しています。さらに、若い世代でのIVAの利用が増えていることと、消費者の体験が常に向上していることが、世界中でIVAの需要を喚起しています。インテリジェントバーチャルアシスタントの世界市場は、今後5年間で力強い成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

用途別の市場構成

・銀行・金融サービス・保険(BFSI)

・旅行

・小売

・政府機関

・教育機関

・その他

製品別の市場構成

・チャットボット

・IVAスマートスピーカー

現在、最も多く使用されている製品はチャットボットです。

タイプ別の市場構成

・ルールベース

・会話型AIベース

ルールベースのインテリジェントバーチャルアシスタントが圧倒的なシェアを誇っています。

テクノロジー別の市場構成

・テキストベース

・音声読み上げ技術

・自動音声認識(ASR)

・その他

現在、テキスト読み上げ技術が市場全体の大半のシェアを占めています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・欧州

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が首位を占めています。

市場の競合状況

インテリジェントバーチャルアシスタント市場における主要な企業は以下の通りです。

・マイクロソフト株式会社

・Nuance Communications, Inc.

・Samsung Electronics Co. Ltd.

・アルファベット社

・Apple, Inc.

・アマゾン・ドット・コム株式会社

・インターナショナル・ビジネス・マシン(IBM)社

・Baidu, Inc.

・BlackBerry Ltd.

・Inbenta Technologies, Inc.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]