室内装飾市場、2021年から2026年まで4.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

室内装飾市場は、2020年に641億4,000万米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に市場は4.8%のCAGRで成長すると予想されています。

室内装飾は、消費者が信じるライフスタイルを表現する効果的な方法です。室内装飾製品は、アパートや家を様々なアクセサリーや家具で装飾する際に使用され、建物をより美しく、快適にアピールします。室内装飾のアイテムには、家庭用家具、ランプ、テキスタイル、床材、ポット、キャンドル、工芸品、家具調度品などがあります。室内装飾は、都市化やグローバル化の進展に伴い、先進国市場と発展途上国市場の両方で注目を集めています。グローバル化により、このような装飾品やデザイン、アイデアを消費者が簡単にかつ幅広く入手できるようになりました。ホームオーナーもこうしたアイテムの必要性を実感しており、自宅をより魅力的で整理整頓された状態に保つために、それらを探していることがよくあります。

市場の動向及び成長要因

室内装飾市場は、可処分所得の増加、不動産業界の回復、都市化率の上昇、意識レベルの向上などを背景に、健全な成長を遂げています。都市化の進展に伴い、新たに世帯を構える人が増えています。現在、世界人口の半分以上が都市部に住んでいますが、今後数年間でさらに増加することが予想され、室内装飾製品の需要に好影響を与えます。また、室内装飾製品は所得に左右されにくいため、世界の可処分所得は、アジア、アフリカ、中東、東欧などの新興国を中心に、今後数年間にわたって継続的に増加すると予想されます。  また、世界の不動産業界の回復により、住宅保有率が上昇し、この市場にプラスの影響を与えることが期待されます。また、市場を牽引するもう一つの大きな要因は、オンライン小売部門の好調です。オンラインショップの登場により、室内装飾製品が簡単に入手でき、手頃な価格で便利に購入できるようになりました。

主要な市場区分

世界の室内装飾市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・ホームファニチャー

・ホームテキスタイル

・フローリング

・ウォールデコレーション

・照明

・その他

ホームファニチャーは住宅に実用性と美的価値を提供することから、現在最も人気のある室内装飾製品の一つとなっています。

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケットとハイパーマーケット

・室内装飾ストア

・ギフトショップ

・消費者への直接販売

・オンラインストア

・その他 

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別に見ると、北米は、新しい建物の建設が進んでいることから、室内装飾製品の世界最大の市場となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]