手工芸品市場、2021年から2026年まで約10%のCAGRで成長見通し

市場の概要

手工芸品市場は、2020年に7,180億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約10%のCAGRで成長すると予想されています。 

工芸品とは、簡単な道具を使って手作りされ、その国や地域の文化や伝統を象徴する製品を指します。その製造には、かなりの手と目の協調と集中力が必要です。手作りの製品は、職人の力の入れ方が異なるため、それぞれの製品が独特の品質を持っています。手工芸品は、外国為替収入の重要な媒体であり、低額の資本投資を必要とし、雇用機会を提供することから、国の経済発展において重要な役割を果たしています。さらに、手工芸品は、そのユニークさ、品質、天然素材の使用、そして活気に満ちた芸術と文化のエッセンスにより、ステータスシンボルとして認識されています。

市場の動向及び成長要因

近年、ネット通販の登場や様々な電子商取引チャネルの普及により、消費者にとって手工芸品へのアクセスがより便利になってきています。これにより、世界中で手工芸品の販売が活発化しています。また、民族的なデザインから現代的なデザインへの移行や、オフィス、病院、ホテルなどからの強い需要も市場成長の要因となっています。また、旅行・観光産業の成長は、地元の職人や手工芸品メーカーに、商品化された製品を生産し、お土産や工芸品に多額の費用をかけようとする観光客に販売するという大きなチャンスを与えています。さらに、手工芸品は、電気やその他の燃料を使用する機械製の製品とは異なり、必要なエネルギー量が少ないため、特にインド、中国、アフガニスタンなどの発展途上地域では、手工芸品産業が盛んになっています。

主要な市場区分

世界の手工芸品市場は、製品タイプ、流通チャネル、最終用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・ウッドウェア

・アートメタルウェア

・手刷りテキスタイルとスカーフ

・刺繍・かぎ針編み製品

・ザリとザリ製品

・イミテーション・ジュエリー

・彫刻

・陶器・ガラス製品

・アターラとアガルバッティ

・その他 

製品タイプ別に見ると、現在、世界の手工芸品の中で最も人気のあるタイプはウッドウェアです。ウッドウェアは、台所用品、装飾品、玩具などにも使用されています。

流通チャネル別の市場構成 

・量販店

・百貨店

・独立系小売業

・専門店

・オンラインストア

・その他 

手工芸品の多くは、ディスカウントストアと呼ばれる量販店で販売されています。そこでは、多種多様な商品を従来よりも安い価格で販売しています。 

最終用途別の市場構成

現在、手工芸品市場を支配しているのは住宅分野で、さらにホームアクセサリー、家具、ジュエリー、ホームテキスタイル、その他に分類されます。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ 

地域別では、北米の消費者がハンドメイドジュエリーやアパレル、手作りのホームアクセサリーなどの手工芸品に多額の出費を惜しまないことから、北米が明らかに市場で優位に立っています。

市場の競合状況

世界の手工芸品市場における主要な企業は下記の通りです。

・アジアンハンディクラフト

・Fakih Group of Companies

・Shandong Laizhou Arts and Crafts

・テンサウザンドヴィラージュ

・オリエンタル・ハンディクラフト・ピーティーイー・リミテッド

・NGOCドンハナム

・Minhou Minxing Weaving Co. Ltd.

・ネイティブ・クラフト&アート・インダストリーズ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]