グリーン建材市場、2021年から2026年まで年率9%で成長見込み

市場の概要

グリーン建材市場は、2020年に2,990億米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に市場は年率9%で成長すると予想されています。

現在、グリーン建材市場は、温室効果ガスの排出量が少ない構造物への需要が高まっていることが要因となっています。また、エネルギー消費量が少ないため、新しいグリーンビルディングの建設によって得られる運用・維持コストの削減が、これらの材料の需要をさらに刺激しています。

市場の動向及び成長要因

グリーン建材とは、設計、施工、メンテナンス、改修の面で、建築構造の持続可能性と効率性を高める材料を指します。これらの材料は、再生可能な廃棄物を原料とし、エネルギー効率に優れています。グリーンビルディングの建設に使用される一般的な材料には、竹、ヘンプクリート、ストローベイル、菌糸、木材、ラムドアース、ティンバークリート、グラスクリート、リサイクルプラスチックなどがあります。ここ数年、グリーン建材は、建築材料の設置、輸送、加工、処理、廃棄、リサイクルに伴う環境への影響を軽減することから、様々な建設活動で広く活用されています。

また、炭素排出による健康や環境への影響に対する意識の高まりから、グリーンビルディングの導入が進んでいることも、世界的に市場の成長を促進しています。さらに、特に先進国では、環境に配慮した建築を奨励するために、各国政府が有利な政策や取り組みを行っており、これが市場をさらに活性化させています。

主要な市場区分

世界のグリーン建材市場は、用途及び地域に基づいて分類されています。

用途別の市場構成

・断熱材

・屋根材

・骨組み

・内装工事

・外装サイディング

・その他

用途別では、断熱材が最大の市場シェアを占め、次いで屋根材、骨組み、内装工事、外壁サイディング、その他となっています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界のグリーン建材市場における主要な企業としては、Alumasc Group Plc、Bauder Limited、Binderholz GmbH、CertainTeed Corporation、RedBuilt, LLC、PPG Industries、Du Pont、Forbo International SA、Interface Inc.、Kingspan Group plc、Lafarge、BASF SE、Owens Corning、National Fiberなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]