ギリシャヨーグルト市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

ギリシャヨーグルト市場は、2020年に85億7,000万米ドルの規模に達しました。ヨーグルトチーズやサックヨーグルトとも呼ばれるギリシャヨーグルトは、凝乳を濾して余分な水分を含むホエーと分離して作られます。濾すことで、通常の凝乳に比べて、より濃厚でクリーミーなヨーグルトになります。ギリシャのヨーグルトには、高タンパク、カルシウム、ビタミンB、プロバイオティクス、低炭水化物など、さまざまな栄養上の利点があります。また、ブルーベリー、バニラ、ハチミツ、チョコレートなど、さまざまなフレーバーやトッピングがあります。また、様々なソースを作ったり、チーズや肉をマリネする際にも消費者から高い支持を得ています。

市場の動向及び成長要因

ギリシャヨーグルト市場を牽引する主な要因の一つは、消費者の健康意識の高まりと、健康的で栄養価の高い食品への食嗜好の変化です。脂肪分を含まない製品や体重管理製品の消費が増加していることから、ギリシャヨーグルトは消費者の間で絶大な人気を博しています。米国、メキシコ、カナダなどの国々では、ギリシャヨーグルトは食事の準備に幅広く使用されており、果物と混ぜて甘いスナックとしても食べられています。また、サワークリーム、スムージー、クリームチーズ、バターなどの代替品としても使用されており、食品・飲料業界での用途が拡大しています。さらに、天然素材やオーガニック素材を使用したギリシャヨーグルトの登場も、市場の成長を促しています。消費者は、グルテンフリー、化学物質を含まず、自然な方法で製造された食品を好む傾向にあります。さらに、都市化の進展、中間層人口の増加、オンライン販売の急成長などの要因も、市場の成長を促しています。今後5年間、世界のギリシャヨーグルト市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

レギュラーギリシャヨーグルト

無脂肪ギリシャヨーグルト

フレーバー別の市場構成

フレーバー

アンフレーバー

流通チャネル別の市場構成

ハイパーマーケットとスーパーマーケット

専門店

コンビニエンスストア

独立系小売店

オンライン

その他

地域別の市場区分

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア・パシフィック

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のギリシャヨーグルト市場における主要な企業としては、Chobani LLC、Stonyfield Farm, Inc、Fage International S.A.、General Mills, Inc、Dannon、Alpina Foods、Auburn Dairy、Delta Food (Vivartia)、EasiYo、Ehrmann、Emmi Group、Glenisk、Kalypso Farms Dairy、Kri Kri、Mevgal、Muller UK & Ireland、Olympusなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]