燃料電池市場、2021年から2026年まで約20%のCAGRで成長見込み

市場の概要

燃料電池市場は、2020年に59億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に約20%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

燃料電池とは、燃料の化学エネルギーを電気に変換する電気化学的な電池のことです。燃料電池の主な構成要素には、アノード、カソード、電解質があります。燃料電池の利点としては、エネルギー効率が高いこと、作動時間が長いこと、メンテナンスが容易なことなどが挙げられます。また、大気汚染物質や温室効果ガスの発生を防ぐことができるため、環境にも優しいです。そのため、フォークリフト、自動車、バス、ボート、オートバイなどの乗り物に電力を供給するために使用されています。

市場の動向及び成長要因

持続可能なエネルギーの利用を支援する政府の様々なイニシアチブや有利な政策は、世界の燃料電池市場の成長を促進する主な要因の一つです。さらに、燃料電池は石油やガスなどの従来の燃料を必要としないため、産油国への経済的な依存度を下げることができ、市場の成長見通しを広げることができます。その他の成長要因としては、技術の進歩、化石燃料の絶え間ない枯渇、燃料電池の利点に関する認識の高まりなどが挙げられます。

主要な市場区分

世界の燃料電池市場は、タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

プロトン交換膜式燃料電池(PEMFC)

固体酸化物形燃料電池(SOFC)

溶融炭酸塩型燃料電池(MCFC)

ダイレクトメタノール型燃料電池(DMFC)

リン酸型燃料電池(PAFC)

その他

タイプ別では現在、プロトン交換膜型燃料電池が最も高い市場シェアを占めています。

用途別の市場構成

据置型

輸送型

携帯型

用途別では、据置型が最大の市場となっており、次いで輸送型、携帯型となっています。

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

北アメリカ

ヨーロッパ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界の燃料電池市場における主要な企業としては、バラード・パワー・システムズ社、ブルーム・エナジー社、東芝燃料電池パワーシステム社、フューエルセル・エナジー社、プラグ・パワー社、ニューベラ・フューエル・セルズ社、AFCエナジー社、SFCエナジー社、三菱日立パワーシステムズ社、パナソニック社、インテリジェント・エナジー社、斗山フューエルセル・アメリカ社などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]