食品・飲料加工機器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

食品・飲料加工機器市場は、2020年に540億7,000万米ドルの規模に達しました。食品・飲料加工機器は、物理的・化学的手段を用いて原材料を調理済み食品に変換するもので、乳製品、ベーカリー、鶏肉、魚介類、飲料、菓子などの生産に使用されます。これに加えて、パッケージングやラベリングのアプリケーションや品質管理のプロセスを監視するためにも使用されます。また、加熱、ブランチング、調理、低温殺菌など、食品・飲料業界のさまざまなプロセスを自動化し、生産時間の短縮や効率化を図るためにも、加工機器が利用されています。近年、食品・飲料業界に適用される厳しい規制やガイドラインにより、高品質な加工機器の需要が世界的に高まっています。

市場の成長要因

グリーンテクノロジーの登場により、メーカーは古い食品・飲料加工機器をエネルギー効率の高い製品に交換するようになりました。この製品は、生産コスト全体を最小限に抑え、二酸化炭素排出量を削減するのに役立ちます。また、メーカーは既存の処理装置を改良するために先進技術を導入しています。例えば、機械学習やIIoT(Industrial Internet of Things)を取り入れたり、柔軟でカスタマイズ可能な機器を提供したりしています。世界の食品・飲料加工機器市場の成長を促進するその他の要因としては、食生活の嗜好の変化、クイックサービスレストラン(QSR)の増加、健康的で栄養価が高く、すぐに食べられる食品への需要の高まりなどが挙げられます。世界の食品・飲料加工機器市場は、今後5年間で緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

タイプに基づいて、食品・飲料加工機器市場は前処理装置と加工装置に分類されています。

最終製品の形態に基づいて、市場は固体、液体、半固体に分類されています。

動作モードに基づいて、市場は半自動と自動に分類されています。

用途別では、ベーカリー・菓子製品、食肉・鶏肉、乳製品、魚介類、アルコール飲料、非アルコール飲料、その他に分類されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況

食品・飲料加工機器市場における主要な企業としては、Marel、GEA Group、Bühler、JBT Corporation、Alfa Laval、TNA Australia Solutions、Bucher Industries、Equipamientos Cárnicos, S.L. (Mainca)、Clextral、SPX Flow、Bigtem Makine、Fenco Food Machinery、Krones Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]