流量計市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

流量計市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「流量計の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を8月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc999721-flow-meter-market-global-industry-trends-share.html

市場の概要

流量計市場は、2020年に76億米ドルの規模に達しました。流量計とは、気体や液体の直線的、非直線的、質量的、体積的な流量を計測する機器と定義されています。この装置の用途は多岐にわたるため、エンドユーザーの特定の技術的要求に応じて設計されます。現在、流量計は大きく分けて質量計、速度計、容積計に分類されています。質量計には、コリオリ式、熱式質量計があります。速度計には、超音波式、パドルホイール式、ターゲット式、オリフィスプレート式、タービン式、ボルテックス式、可変面積式、ベンチュリー管式などがあります。一方、容積式流量計には、主に振動ピストン式、ギアフロー式、ピストン式、往復ピストン式、オーバルギア式などがあります。急速な都市化や上下水道管理システムへのニーズの高まりを受けて、流量計の需要は世界的に拡大しています。

ここ数年、流量計業界は、革新的な製品の開発や応用分野の拡大などにより、著しい成長を遂げてきました。市場関係者は、流量計測機器やセンサーデバイスの近代化に向けて、研究開発への支出を大幅に増やしています。その結果、流量計の機能にいくつかの技術的な改良が加えられました。例えば、オンライン診断とトラブルシューティング、リモートキャリブレーションとコンフィギュレーション、無線通信、設置管理とアプリケーション効果の向上、複数の測定フォーマット、デジタル信号の組み込みなどが挙げられます。これらの開発により、流量計は高い汎用性、機能性、信頼性を持つようになり、その結果、医療、自動車、HVAC、プロセス産業を含む様々な最終用途の分野で使用されるようになっています。今後5年間、流量計市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

– アナログ流量計

– スマート流量計 

現在、最も人気のある製品タイプはアナログ流量計です。しかし、モノのインターネット(IoT)の出現により、エンドユーザーはスマート流量計に移行しつつあります。

用途別の市場構成

– 住宅用

– 工業用

– 商業用 

用途別では、流量計は主に住宅分野で使用されています。

地域別の市場区分

– 北アメリカ

– ヨーロッパ

– アジア太平洋地域

– 中近東・アフリカ

– ラテンアメリカ 

地域別では、北米が流量計の最大の市場であり、最大の市場シェアを占めています。この成長は、発電分野での流量計の大規模な導入に起因すると考えられます。

市場の競合状況

世界の流量計市場における主要な企業は以下の通りです。

– ABBグループ

– エマソン・エレクトリック社

– シーメンスAG

– シュナイダーエレクトリックSE

– セゾン情報システムズ(株)

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]