焼却炉市場、2026年に175億米ドル規模到達見込み

市場の概要

焼却炉市場は、2020年に133億米ドルの規模に達しました。今後、2026年には175億米ドルに達すると予想されています。

焼却は、廃棄物に含まれる有機物を燃焼させて処理する技術です。このプロセスで燃焼された廃棄物は、残灰、フライアッシュ(不燃物由来)、熱に変換されます。焼却炉は優れた廃棄物管理ツールであり、プロセス中に発生する熱はさらに発電に利用されます。安全で効率的な操業のために、燃焼プロセスで使用される炉は自動的に監視・制御されています。焼却炉は、廃棄物の固形分を80~85%、総量を95~96%削減することができ、廃棄物の量を大幅に減らすことができます。現在、市場に出回っている焼却炉には、ロータリーキルン、流動床、液体噴射、多重炉、触媒燃焼、排ガスフレア、直火など様々なタイプがあります。焼却炉は主に、化学廃棄物、医療廃棄物、下水焼却、農業廃棄物、建築・自治体の廃棄物などの管理に使用されます。これ以外にも、熱式焼却炉は、リアクターベント、蒸留ベント、溶剤操作、オーブンや乾燥機で行われる操作からの廃棄物を削減するために使用されます。

市場の動向及び成長要因

廃棄物管理の向上と都市部で発生する大量の廃棄物を処理する能力を背景に、様々なタイプの焼却炉の需要が大きく伸びています。さらに、埋立地が減少していることや、焼却炉が人工・非有機廃棄物を処理できることも、焼却炉の需要を押し上げています。さらに、焼却炉は土壌汚染の増加を抑制し、未処理の廃棄物が環境に与える有害な影響を最小限に抑えます。さらに、焼却プロセスを行う施設は、廃棄物の発生源の重心に近い場所に設置することができるため、結果的に廃棄物の輸送コストを削減することができます。その他の要因としては、副産物としてのエネルギー生産、汚染されていない地下水、二酸化炭素排出量の少なさ、必要とされる土地の少なさなどがあり、現在の市場を牽引しています。

主要な市場区分

世界の焼却炉市場は、製品タイプ、最終用途部門、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

製品タイプ別では、移動式火格子、静止炉・炉・多重炉、ロータリーキルン、流動層に分類されます。現在、移動式火格子が最大の市場となっています。

最終用途部門別の市場構成

地方自治体部門

産業部門

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

北アメリカ

ヨーロッパ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界の焼却炉市場における主な企業は以下の通りです。

Babcock & Wilcox Co.

Covanta Energy Corp.

Suez Environnement Co. S.A.

Constructions industrielles de la Méditerranée S.A.

Gershman, Brickner & Bratton, Inc.

EEW Energy from Waste Gmbh

Martin Gmbh

Wheelabrator Technologies

Novo Energy, LLC.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]