苛性ソーダ市場、2026年に9,390万トン規模到達見込み

市場の概要

苛性ソーダ市場は、2020年に8,070万トンの規模に達しました。2026年には9,390万トン規模に達すると予想されています。

苛性ソーダは、水酸化ナトリウム(NaOH)としても知られており、ナトリウムの陽イオンNa+と水酸化物の陰イオンOH-からなる無機化合物を指します。工業的には、塩化ナトリウム水溶液を電気分解することにより、塩素ガスと水酸化ナトリウムを生成する電解クロルアルカリ法で製造されます。無臭で不燃性の白色固体であり、フレーク、ペレット、グラニュール、濃度の異なる水溶液の形で市販されています。腐食性が高いため、水に溶かすとかなりの熱を発生し、可燃物に引火する可能性があります。

苛性ソーダは、化学、自動車、水処理、食品・飲料など様々な産業で原料として使用されています。苛性ソーダは入手しやすく、価格も手頃なため、水の酸性度を調整したり、重金属を除去したりするのに適した化合物の一つとされています。苛性ソーダは紙の製造にも使用され、木材パルプに含まれる不要な化合物を溶かすのに役立ちます。同様に、紙のリサイクルの過程で、紙の繊維からインクを分離するのにも役立ちます。この他にも、天然鉱物からアルミニウムの最も一般的な酸化物の一つであるアルミナを抽出するのにも使用されます。アルミニウムは軽量車両の生産に広く使用されているため、この金属の需要の高まりが世界の苛性ソーダ市場の成長に拍車をかけています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

ライ

フレーク

その他

製造プロセス別の市場構成

メンブレンセル

隔膜式セル

その他

グレード別の市場構成

試薬グレード

工業用グレード

医薬品グレード

その他

用途別の市場構成

アルミナ

無機化学品

有機化学品

食品・パルプ・紙

石鹸・洗剤

繊維製品

水処理

鉄鋼・冶金・焼結

その他

地域別の市場区分

アジアパシフィック

北アメリカ

ヨーロッパ

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の苛性ソーダ市場における主要な企業としては、Dow Chemical Company, Olin Corporation, Tata Chemicals Limited, Solvay SA, FMC Corporation, Occidental Petroleum Corporation (OXY), Formosa Plastics Corporation, Ineos Group Limited, PPG Industries, Xinjiang Zhongtai Chemical Co. Ltd.、東ソー株式会社、ハンファ・ケミカル・コーポレーション、ニルマ・リミテッド、アクゾノーベル、BASF、コベストロなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]