高電圧コンデンサ市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

高電圧コンデンサ市場は、2020年に19億3,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて、高電圧コンデンサ市場は緩やかな成長を見せると予想されています。

高電圧(HV)コンデンサは、電気・電子機器のエネルギー貯蔵に使用される二端子の電気部品です。発電、送電、配電、高電圧の設備に使用される重要な部品の一つです。容量は家庭用電子機器の25ボルトから特殊な産業用機器の1000ボルトまでが一般的です。ポリプロピレン、セラミック、アルミニウム、ガラス誘電体、ダイヤモンドライクカーボンなどの種類が、市場で入手可能な最も一般的なタイプのHVコンデンサです。また、電力系統をセグメント化し、グリッドの柔軟性を高めることができます。これらの利点により、HVコンデンサはエレクトロニクス、ユーティリティ、自動車、化学産業など幅広い分野で使用されています。

市場の動向及び成長要因

世界的なエネルギー需要の増加は、市場の成長を促進する重要な要因の1つとなっています。高電圧コンデンサは、主に住宅や商業施設における無停電電力供給や超高圧(EHV)・超高電圧(UHV)の送電に利用されています。さらに、高温安定性や絶縁性に優れていることから、様々な産業分野でコンデンサの需要が高まっています。また、消費者の日常生活における電子機器の普及に伴い、これらの製品を使用した携帯電話、テレビ、マルチメディアプレーヤー、スマートテレビなどの生産が増加しています。また、再生可能エネルギーによる発電量の増加に伴い、伝送容量を向上させたコンデンサの開発など、さまざまな製品イノベーションが市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

誘電体別の市場構成

セラミック

プラスチックフィルム

タンタル

アルミ電解

マイカ

その他

容量別の市場構成

500-1000V

1001-7000V

7001-14000V

14000V以上

用途別の市場構成

発電

送電・配電

ドライバー&インバーター

モーター

その他

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

北アメリカ

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

その他

市場の競合状況

高電圧コンデンサ市場における主要な企業としては、ABB、Alstom SA、API Capacitors Ltd、Arteche Group、General Atomics、General Electric Company、Iris Power、Isofarad Kft、KONAR Group、Lifasa、Maxwell Technologies、RTDS Technologies Inc、Siemens、TDK Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]