自動車用サラウンドビューシステム市場、2021年から2026年までCAGR18%で成長見込み

市場の概要

自動車用サラウンドビューシステム市場は、2015年から2020年にかけて強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間にCAGR18%で市場が成長すると予測されています。

自動車用サラウンドビューシステムとは、ダッシュボード上に設置されたLCDスクリーン上に車両の360°全景を映し出すインテリジェントカメラシステムを指します。このシステムは、車両の駐車や操作の際にドライバーをサポートする重要な役割を果たします。また、四方を見渡すことができ、死角を無くし、ドライバーの注意散漫を減らし、交通安全を向上させるなどのメリットもあります。これらのシステムは、低解像度から高解像度のカメラへと進化し、車両とその周辺をリアルタイムで俯瞰することができるようになりました。これらの利点により、現代の自動車にこのシステムが搭載されるようになったのです。

自動車の先進運転支援システム(ADAS)技術の進歩により、自動車用サラウンドビューシステムの売上は増加しています。メーカーは、より高精度で高度な機能を備えたサラウンドビューシステムを開発するために研究開発を強化しています。例えば、ソナーを利用したシステムでは、障害物間の距離を判断し、物体が他の物体に近づくとユーザーに警告を与えることができます。

主要な市場区分

自動車用サラウンドビューシステム市場は、タイプ、機能、車両タイプ、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

タッチスクリーンコントロール

赤外線リモートコントロール

その他

機能別の市場構成

自動

マニュアル

車両タイプ別の市場構成

商用車

乗用車

エンドユーザー別の市場構成

アフターマーケット

OEM

地域別の市場区分

欧州

北アメリカ

アジア・パシフィック

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

自動車用サラウンドビューシステム市場における主要な企業としては、Valeo、Magna International、Continental AG、Clarion、Denso、Renesas Electronics、Aisin Seiki、Texas Instruments、Ambarella、Bosch Mobility Solutions、Xylon – logicBRICKS、Renesas Electronics、Mobileyeなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]